どうなる今後のビットコイン?今後上昇する気配はあるのか?

仮想通貨の中では1番有名なのがビットコインです。仮想通貨の中でも第一の価値を記録しており、世界中の取引所で販売されているほど人気が高いです。ただ、それだけ仮想通貨の中でも価格の上昇と下降が激しく、今年の5月にはかなり暴落することになりました。

なぜ「ビットコインの価格が大きく暴落したのか?」「今後も上昇する気配はあるのか?」と疑問を感じる人もいるでしょう。ビットコインの内容について徹底解説しましょう。

目次

ビットコインが大暴落したと考えられる要因とは?

2022年の5月にビットコインは大暴落しました。4月までは1ビットコインで6万ドル以上の価値がありましたが、5月には3万ドルまで落ちるなど、半分も価値を下げてしまったからです。仮想通貨は全体的に値動きが大きいですが、なぜ、これほどの大暴落が起きたのか疑問に感じる人もいるでしょう。ビットコインの5月の暴落には以下の理由が考えられます。

ステーブルコインであるUSTのメルトダウン

ビットコインが暴落した理由として、ステーブルコインの暴落がきっかけと言われています。アメリカは5月に「アメリカ消費者物価指数」が予想を下回ったことを発表しています。物価指数が下がったことによりアメリカ国内では「景気が悪くなる」と予想する人が増加し、DeFi市場に大きな信用不安を与えることになりました。

その結果、特定の大口ウォレットがステーブルコインでランキング3位のUSTを大量売却することになり、価値を下げることになりました。USTが大量に売却されたことで多くの投資家は景気が悪化することを予測し、ビットコインも同じく価値を下げることになったと予想します。

ステーブルコインについて議論される

ステーブルコインに関しては、フランス中央銀行の動きも関係していると思われます。フランス中央銀行のフランソワ・ビルロワドガロー総裁は、5月18〜20日でG7財務大臣中央銀行総裁会議において、暗号資産が議題に含まれることを示唆しています。

このG7の前にアメリカで経済指標の低下があったため「暗号資産への価値がより下がるのでは?」と予測した投資家も多くいたようです。もし、仮想通貨に対して不利な議題が上がるなら保有している通貨の価値は全て下がることになり、投資家は大きな損失を被ることになります。そのため、この総裁の発言が価格の下落ちの原因となったという見方もあります。

ビットコインの下落ちが止まらなかった

2022年5月に入ってからビットコインはどんどん価値を下げていき、半分ほどの価格まで下がることになりました。ビットコインの価値が上昇するのは、大物投資家が市場に参加して多く保有してもらうことです。

ビットコインの価値が上昇して価格が上がっていけば、投資家も積極的に購入してくれますが、下落ちに歯止めがきかない状態だと購入は当然ながら消極的になります。5月にどこかで上昇気配があれば価格の投資家の購入により暴落が防げた可能性はありますが、止まらなかったこが結果的に価値を下げることになったと予想できます。

著名人の発言による下落ち

仮想通貨は権威のある方の発言によって価格が上下することもあります。例えば、2021年には大手アメリカの自動車メーカーテスラのイーロン・マスクCEOがツイッターを利用してビットコインでの購入を認めない方針を発信しました。

すると仮想通貨市場は下落ちトレンドになってしまい、大きく価格を下げてしまったことがあります。今回も著名オンチェーンアナリストのウィルクレメント氏が最近のビットコインの価格が底値に近付いてくると分析して、それに反応した投資家がいました。このように著名人の発言によってビットコインが売りに出されてしまい、価格が大きく下がることもあります。

ビットコインの価格は今後も上昇するのか?

5月に大暴落してしまったビットコインですが「今後も価値が上昇するのか?」と疑問を感じる人もいるでしょう。ビットコインは仮想通貨の中でもランキングが第一であり1番価値もあるため、今後の展開についても気になるところです。ビットコインが今後どうなるのか内容を紹介しましょう。

ビットコインは上昇と下落ちを繰り返している

ビットコインはずっと大きく暴落することもありましたが、その後に徐々に価格を戻して価値を上げています。例えば、ビットコインは2017年に価格を上げていましたが、2018年の1月から大暴落して他の仮想通貨も全ての価格が下がりました。

2018年の後半から2019年の前半は緩やかに価格を戻していきましたが、7月の後半からは価格が下落ちして大きく価値が下がってしまったこともあります。つまり、ビットコインを含めた仮想通貨は上昇と下落ちを繰り返しているため、ずっと暴落して価値が下がり続けることは無いと考えられます。仮想通貨の需要が高くなる時期はどこかで来るはずなので、その点を観察しておくことが大事です。

大企業や投資家の動向によって上昇することもある

ビットコインを含めた仮想通貨は大企業や投資家の動向によって、大きく価値を上昇させることがあります。例えば、大企業がビットコインによる決済システムの導入を行うなら、需要が高まるため価値が大きく上昇する可能性が高いです。

過去の上昇でも企業がビットコインを利用したシステムを構築した際は価値を大きく上げています。ビットコインほど有名な仮想通貨であれば、企業も事業利用しやすいため、新たに企業が発表したなら価値を一気に上昇させられる期待を持てるでしょう。

また、有名な投資家がツイッターやインスタなどでビットコインについて良い口コミを投稿するなら、他の投資家にも影響を与えるため価格を上昇させられる可能性もあります。そのため、企業や投資家の動向についてもしっかり確認するようにしましょう。

アップデートやハードフォークなどによる価値の上昇

仮想通貨はたまにアップデートやハードフォークを行うこともあります。アップデートは仮想通貨の性能を向上させるためであり、ハードフォークは本体から分身させて新たな仮想通貨を生み出すことです。

例えば、ビットコインはハードフォークをして、ビットコインキャッシュを生み出すしましたが、その際に価格が大きく上昇するきっかけとなりました。また、仮想通貨のアップデートがあると性能が向上することを投資家たちは期待するため、多く購入して価値を上昇させることもあります。

ビットコインの場合もさらに性能を上げるためにアップデートをする可能性もあり、またハードフォークによって価値が上昇することも十分考えられます。これらの計画が無いか定期的にツイッターなどを確認するようにしましょう。

規制の緩和

ビットコインは国の規制によって価値が上下することもあります。アメリカや中国などの大国が規制を厳しくすれば、ビットコインの流通が減るため価値が下がってしまい暴落の原因になります。しかし、国が規制緩和するなら、需要が上がるため価格も値上がりして一気に高騰する事例も多いです。国が規制緩和するタイミングでビットコインを購入すると価格上昇を期待できるでしょう。

ビットコインは今後上昇する可能性が高い

2022年5月にビットコインは大きく価格を下げましたが、今後回復していく見込みは十分あります。今価値が下がっているときにビットコインを購入しておけば、より多くの資産を得られる可能性も高いです。ビットコインの投資を考えてみてください。

暗号通貨おすすめ取引所

コインチェック

会社名 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)                           
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012年8月28日
資本金 385百万円
代表取締役 蓮尾 聡
暗号資産交換業の登録番号 関東財務局長第00014号
加入協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

一般社団法人日本ブロックチェーン協会

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会

一般社団法人Fintech協会

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会

取扱通貨 「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「FCT」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」

ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、セキュリティレベルは大幅に向上しています!

2021年にはモバイルアプリダウンロード数「410万」を突破しており、登録者数はグングン上昇しています。 他の取引所と比較しても、ここまでたくさんの通貨を取り扱っているのは、Coincheckのみ。 最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。 もともと金融業を営んでいる「マネックスグループ」がバックについているので、Coincheck(コインチェック)は他の取引所と比較した場合でも、安全性が高いと言えるでしょう!

コインチェック

コインチェックの登録はこちら!⇒コインチェック

その他の仮想通貨取引所に関する情報は関連記事「【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?」でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる