ビットコイン2万ドルの大台を割り込んでから反発、今後どうなる?

ビットコインの予測
目次

ビットコイン価格は2万ドルの大台を割り込んでから反発

暗号通貨市場の時価総額は1兆ドルを下回りました。これは、最近のネガティブな動きを考えれば、驚くことではありません。ビットコイン自体も2万ドルを割り込み、現在、BTC価格は20,143ドルです。他の暗号通貨(アルトコイン)も芳しくありません。例えば、第2の巨大暗号通貨のイーサリアムも価格が下落してます。8月29日現在、イーサリアムの価格は前日より7%上昇し、1,537ドル(約21万円)になりました。すべての暗号通貨の価格下落により、暗号通貨の時価総額が1兆ドルの大台を割り込む原因となりました。

8月29日時点では、24時間で500億ドルを失い、後に、総額は9,500億ドルとなっています。

ビットコインに希望はあるのか?

BTCのチャートは下落から少し回復しています。しかし、20,000ドルに戻るまで、緩やかな上昇を維持できるかどうかは、まだ疑問が残ります。ビットコインは以前、19,500ドルまで下落し、その後19,900ドルまで回復したが、それでも19847ドルまで再び下落しました。したがって、ボラティリティ(価格変動の度合い)を考慮すると、上昇の勢いが続くとは考えにくい状況ですしかし、ビットコインのパフォーマンスを測る他の指標はポジティブです。例えば、ビットコインの優位性は過去24時間で上昇しており、下落局面でもアルトコインを上回っていることを示しています

アルトコインに何が起こっているのか?

暗号市場で注目すべきは、ビットコインが値上がりすると、他のほとんどの暗号通貨も同じように値上がりすることです。そして、ビットコインが値下がりすると、他のほとんどの暗号通貨も値下がりします。これは、暗号通貨に投資する人々が、一般的に複数の異なる種類の暗号通貨に投資しているために起こることです。これらの価格下落の累積効果は、全体の時価総額の落ち込みにつながりました。アルトコインのチャートでは、減少幅が小さいことがわかります。

Quantify Cryptoのチャートを見ると、一部のアルトコインが上昇するどころか、損失を出していることが分かります。例えば、ADAは3.7%損失し、その後4%上昇しましたが、イーサリアムは現在3%上昇しています。BNBなどの他のアルトコインは1%下がっており、XRPとAVAXもチャート上では下がっています。しかし、一部の暗号通貨は、大差はないものの、一見好調のようです。

ソース: BTCUSDT Tradingview.com

弱気トレンドは続くのか?

暗号市場は『極度の恐怖』状態突入しました。8月26日に行われた米連邦準備制度理事会(FRB)の年次総会は、事態をさらに悪化させました。ジェローム・パウエルFRB議長は、ハト派ではなく、インフレ対策にタカ派的なアプローチを取ることにしました。

会議の直後、暗号通貨市場は価格を下げました。もしFRBがニール・カシュカリ(元アメリカ金融安定化担当暫定財務次官補)が提案したようなボルカーの法則のアプローチを取るなら、これらの市場の弱気トレンドは予想より長く続くかもしれません。

おすすめ暗号資産取引所【コインチェック】

500円から仮想通貨の取引に挑戦することが出来るので、初めて仮想通貨に挑戦する方にはぴったりです。また、対応している仮想通貨の種類も多いので、ビットコインやアルトコインの取引を考えている方にぜひともおすすめしたい取引所です。

コインチェック

会社名 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)                           
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012 年 8 月 28 日
資本金 385百万円
代表取締役 蓮尾 聡
暗号資産交換業の登録番号 関東財務局長第00014号
加入協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

一般社団法人日本ブロックチェーン協会

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会

一般社団法人Fintech協会

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会

取扱通貨 「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「FCT」「XRP」「SEE」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」

ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、セキュリティレベルは大幅に向上しています!

2021年にはモバイルアプリダウンロード数「410万」を突破しており、登録者数はグングン上昇しています。 他の取引所と比較しても、ここまでたくさんの通貨を取り扱っているのは、Coincheckのみ。 最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。 もともと金融業を営んでいる「マネックスグループ」がバックについているので、Coincheck(コインチェック)は他の取引所と比較した場合でも、安全性が高いと言えるでしょう!

コインチェック

コインチェックの登録はこちら!⇒コインチェック

その他の仮想通貨取引所に関する情報は関連記事「【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?」でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

ビットコインの予測

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる