ShutterstockとPIBBLEが提携!写真素材が仮想通貨で購入可能に!




写真素材を提供しているShutterstock(シャッターストック)がPIBBLE(ピブル)と提携しており今後、Shutterstocの写真素材購入にPIBBLECOINが利用できるようになります。
Shutterstockといえば写真素材提供サービスの中でも最大手で世界中にユーザーがいるサービスとして有名です。
PIBBLE(ピブル)のプロジェクトは、創作物の著作権を守り、利益を生み出すことを目的としたシステムなのでShutterstockのようなサービスにはかなりマッチしているといえるのではないでしょうか。
また、Shutterstockでは決済方法としてPIBBLE(ピブル)が導入されるだけではなく、写真素材の管理や提供方法そのものについても新たな構造を生み出そうとしています。
これにより今後写真素材だけではなくインターネット上での創作物のあり方が大きく変わる可能性があります。

Shutterstockとは

Shutterstock

Shutterstockは、19800万点以上のロイヤリティーフリー素材を取り扱っているサービスです。
会員登録をして料金を支払うことで、様々な写真素材を利用することが可能となります。
ホームページやブログ、企業が運営するメディアなどでよく見かける写真素材の中には、Shutterstockから利用されているものも数多くあります。

Shutterstock, Inc

Shutterstock, Incはアメリカのニューヨークに本社を構えている企業です。
主に写真素材の提供を行っていますが、ほかには音源や編集ツールなども提供しています。
Shutterstock, Incを設立したのは写真家兼プログラマーのJon Oringer氏。
2012年にはニューヨーク取引所へ上場しました。
Shutterstockの写真素材は基本的に世界中の誰でも素材を提供することができます。
2016年の時点では150か国で140万人もの方が、Shutterstockへ写真素材を提供しています。
自分が撮影した写真をShutterstockに提供するには事前に品質チェックが必要で、認証が済むとサイト内で素材が公開され、全世界に向けてライセンスの販売を行うことが可能となります。
販売された写真素材のライセンス使用料は、販売後に作者へ著作権料として支払いが行われます。

素材購入時の販売額

Shutterstockで写真素材を購入する場合は、定額制で毎月決まった数の素材をダウンロードできるプラント、単発での購入プランがあります。

 

年間契約 月極契約 単発
画像5点  –  –  ¥6,000
画像25点  –  –  ¥28,000
画像10点 / 月  ¥4,100 / 月  ¥7,200 / 月  –
画像50点 / 月 ¥13,200 / 月  ¥15,500 / 月  –
画像350点 / 月  ¥22,000 / 月  ¥25,000 / 月  –
画像750点 / 月  ¥25,000 / 月  ¥30,000 / 月  –

※スマホは横にスクロールできます。

素材販売時の報酬額

Shutterstockでは、登録した素材が1回ダウンロードされると決まった報酬額が支払われます。

寄稿者としての報酬総額 月額定額プランの画像 オンデマンド画像 (小/中) オンデマンド画像 (全サイズ) カスタム画像 /
特別ライセンス画像
動画クリップ
$0 – $500 $0.25 $0.81 $1.88 20% (up to $80) 30%
$500 – $3,000 $0.33 $1.07 $2.48 25% (up to $100) 30%
$3,000 – $10,000 $0.36 $1.17 $2.70 28% (up to $112) 30%
$10,000+ $0.38 $1.24 $2.85 30% (up to $120) 30%

※スマホは横にスクロールできます。
 

PIBBLEとは

PIBBLE

PIBBLE(ピブル)とは、仮想通貨の一つです。
また、PIBBLEプロジェクトは写真や音楽など様々な創作物の価値や権利を正しく補完できるように、現在の市場再編に向けたものとなっています。
近年スマートフォンやSNSの普及に伴って、私たちは誰もが手軽に写真や動画を撮影することができ、それをインターネット上で公開することが可能となりました。
また、Shutterstockのようにインターネット上で写真素材を提供しているサービスも数多く存在しています。
これによってとても便利になった一方で、きちんと作品の価値が守られていなかったり、素材を提供するクリエイターの価値が損なわれていたりする現状もあります。
そうした問題を、PIBBLEプロジェクトによって解決しようという流れがあるのです。
そこで利用されるのがブロックチェーン技術、そしてPIBBLECOINという訳です。
すでにこの動きは始まっており、ShutterstockとPIBBLEは業務上の提携を果たしているほか、今度Shutterstockの決済方法にPIBBLEが追加される予定となっています。
PIBBLEの詳細については下記ページで詳しく解説しています。

※追加情報あり!著作権データ管理ができるPIBBLE(ピブル)の概要と仮想通貨情報

2018.04.25

PIBBLEプロジェクトで変わること

誰でもクリエイターになれる

これまでは一部のプロが撮影した写真以外の創作物には、ほとんど価値が認められていませんでした。
しかし、iPhoneをはじめとしたスマホや高性能なデジタルカメラが手軽に手に入る時代になり、素人でも質の高い写真を撮影できたり、アマチュアとプロの境目もなんとなくぼやけてきている印象があります。
こうした状況は決してよくはありませんので、PIBBLEプロジェクトによって専門家の作品価値を正当なものとし、なおかつプロ以外の作品についてもきちんとした価値を持たせる事が可能となります。

クリエイターと購入者のメリット

現在Shutterstockやそのほかのサービスへ素材を提供しているクリエイターは、サービス運営会社に仲介手数料を支払って素材販売を行っています。
PIBBLEプロジェクトではこうした仲介が不要となり、購入者とクリエイターが直接取引を実行できるのです。
こうすることによって、クリエイターは無駄に仲介手数料を支払う必要がなくなり、利益がアップします。
一方、購入者側もクリエイターが仲介手数料を搾取されずに済む分、素材のライセンス料金を引き下げてくれれば、これまでよりも安く素材を手に入れる事ができるのです。

ブロックチェーンで盗用防止

インターネット上では著作権を放棄していない写真素材を勝手に利用する「盗用」が大変多くなっています。
こうした盗用作品を検索するシステムはすでにありますが、さらにそこへブロックチェーン技術を導入することで、さらに強固な著作権保護の為のシステムを構築することができるのです。

その他のPIBBLE提携パートナー企業

Image Contents Partner

Image Contents Partner

 

Contents PRO Partner

Contents PRO Partner

Overall Partner

Overall Partner

PIBBLEのホワイトペーパー

PIBBLEプロジェクトがこれから行おうとしていることはすべてPIBBLEのホワイトペーパーに記載されています。
公式のホワイトペーパーは英語版なので、以下に和訳したものを掲載しています。
PIBBLEに興味がある方はぜひご覧ください。

1. Abstract

PIBBLE プロジェクトの質問!’共有’するというのは、’共に分かち合うこと’であるため、’金銭的な支払’をしなくてもよいと
すべての構成員が合意したのだろうか?
1999 年米国のナップスター社によって音楽ファイルが無料で共有されて以来、オリジナルデーターのそのままどこでも鑑
賞できるデジタルコンテンツ関連技術は音楽から映像物と、速いスピードで発展してきた。
2008 年、アメリカの Apple 社から
iPhone3 を世に出してみんなの手の中に高性能のカメラが生じ、それによって写真などのイメージは最も大衆的であり
ながら、量的膨張を成し遂げたコンテンツになった。しかし、このような広大な膨脹にもかかわらず、’イメージ’市場は依
然として辺境にとどまっている。専門家の創作物もインターネット共有の文化の中で著作物に関する費用が発生する
認識がだんだん薄れていきていて、これによって、専門家と創作を夢見るインディーズグループの立場がだんだん減ってい
る。
PIBBLE プロジェクトは、
伝統的な有料市場だが、変化を要求される Stock Image 市場の専門家グループ、
創作の夢を職業に展開したいインディーズ作家グループ、
SNS 写真などに、量的イメージ市場を主導している一般人、
肖像権利に対する問題が本人の価値に直結した歌手、
俳優など芸能人グループなどの階層をトータルして PIBBLE Ecosystem の中で相互疎通し、
Image が創作物として持つ価値と権利をそれぞれのグループたちに正当に補償できるよう、
既存の市場を再編しようとする。
このため、Block chain に基盤した脱中央化された分散、マーケットプレイスを開発、
‘共有’して参加すればするほど、’補償’受けるインセンティブエコシステムを構築する。
創作物の価値を保護してくれる’分権化共有プラットフォーム’イン PIBBLE プロジェクトは Facebook、Instagram など
SNS を通じて自分の創作物を上げる日常を繰り返しながらも、このようなイメージがクリエーターである自分の大きな資
産になることができることを知らされないまま、共有プラットフォームの中に傍観されてきた現実に対する改善案だ。
私たちは PIBBLE という暗号化通貨を通じて分権化された共有プラットフォームを開発、Block
chain ベースのイメージエコシステムを一つのエコシステムに拡張していく道を図る。

2. Image Market

1. PIBBLE Project Target

今、我々は日常の SNS 活動を通じて新たに創造された’イメージ文化’の中で暮らしている。
言葉と文よりは写真と一枚のスチールカットで意思を表示して自分の感情を伝えるイメージ優先時代に生きている。
PIBBLE プロジェクトは、このような大衆的基盤の’イメージ’から出発する。
PIBBLE は、イメージ、生産者と消費者を一つの場所に集め、ともにイメージを作って消費しながら楽しむ活動を補償し
てくれる Block chain ベースの暗号通貨だ。
‘PIBBLE Project のイメージ’は、単に、Picture や Stock
Image だけでなく、漫画、カートゥーン、キャラクター、イラスト、グラフィック、芸能人(歌手、俳優など)、動画スチールカッ
トなどのすべての画像を含む。
‘PIBBLE Project のユーザー’は、
イメージでビジネスを営んできた専門家グループと、相対的に自分の著作物に対する価値評価の機会がなかったインデ
ィーズ作家グループ、そして、著作権について概念さえ持てなかった一般人を含み、オンラインで肖像権を主張すること
に困難がある芸能人グループまで全てのユーザーを網羅する。
‘PIBBLE Project のクリエーター’は、
自分の創作物に対する正当な対価を持つようになることであり、これは’Block
chain ベースのイメージのエコシステム'(Blockchain based Image Ecosystem)の構築を通じて行われる。
これは、誰でもイメージ販売者と消費者になることができるプラットフォームで、専門家にはクリエーターの権利を保護して
、一般人にはソーシャル・マーケットプレイスを通じた面白いコミュニティプラットフォームを提供することになるだろう。
‘PIBBLE Project のサービス’は、当社独自の技術である「イメージ追跡システム」と Block
chain 技術を使用して、イメージの無断使用を制限して合意によるイメージの伝送、SNS イメージの有料市場の創出
など、すべてのユーザー階層を包括する Block chain ベースのイメージマーケットプレイスで発展するだろう。

イメージ1

<イメージ: 1 PIBBLE User group >

2. 有料のイメージマーケットの現況

イメージ2

< イメージ : 2 Stock Image のマーケットのサイズ >

市場調査専門機関テックナビオ(Technavio)によると、グローバルストックイメージ市場は、2017 年基準 24 億ドルに
達するものと調査された。 最も比重が大きかったのはマイクロストック・イメージと定額制を通じた取引で、
約 8 億 5000 万ドルの売上を記録した。
これからの成長可能性が大きい映像イメージ(Footage)の売上は、5 億 5000 億ドルの売り上げを上げた。
比較的高値で取引される RM/FM 市場は、1 億ドルだった。
専門家たちはストックイメージ市場が持続的な成長を実現するだろうと展望している。
テックナビオ(Technavio)は 2021 年までストックイメージ市場が年平均 8%ずつ成長し、32 億 6,000 万ドルに達する
ものと予想している。
インターネットなどの通信基盤技術の発達により多くのイメージが生まれてスチールイメージだけでなく映像イメージの市
場も拡大される見通しだ。
マーケティングなどのメディア分野で視覚効果の必要性が高まっているという点も市場の成長を占う要因の一つだ。
適切なイメージの活用は製品の購買力を高め、広報効果も上げることができるためだ。
PIBBLE プロジェクトは、
24 億ドルのグローバルストックイメージマーケットを根幹としている。
ここに加えて PIBBLE プロジェクトは、従来の専門家中心のストックイメージマーケットの枠をこえて、専門家だけでなく
、誰もが自分のイメージを PIBBLE Ecosystem で売り買いができる新たなエコシステムを構築する計画だ。

.3. 有料イメージマーケットの問題点

巨大な仲介者であるストック・イメージ Agency 市場での不合理な決済方式

代表的な有料イメージ市場である、ストックイメージ市場は、兆単位規模の巨大市場であり、持続的な成長を実現
する見通しだ。 しかし、皮肉にも最近の市場規模の成長に反して、クリエーターたちが持っていく収益は減っている。
クリエーターらの権利が十分に守られていないからだ。
ストック市場とクリエーターが共存しない構造が次第に固定化されており、これによる様々な問題が発生している。
ほとんどの大型ストックイメージ会社は、無料イメージを提供する会社に対抗するため、定額料金制を導入している。
このような販売方式は低い料金で多くの人々がイメージを自由に利用できる長所がある。
しかし、収益の相当部分をストックイメージ会社が仲介手数料として受けて、販売のイメージの価格の単位が下がり、
クリエーターらの収益が減っている。
クリエーターらの収益の精算に長い時間がかかるというのも問題点の一つに挙げられる。
精算までの時間は、ストックイメージ 1 位会社であるシャッターストックベースでも 90 日ほどがかかる。
また、グローバルストックイメージ市場は、ビザとマスターカード・ライセンスを取り付けているクレジットカードにのみ決済を
許諾、決済手段が自由ではない。
しかし、適当な代案がないため、クリエーターたちは現実に納得したり、より良い待遇のエージェンシーを探してさまようの
が現実だ。

不透明なアップロードとイメージ価格の選定構造

現在、ストック・イメージ企業らは、独自の内部審査を通過してこそ、イメージをアップロードすることができる。
それなりの基準を明らかにしてあるが、多くの創作物を上げることができてこそ、より多くの収益を創出できるクリエーター
の立場でこのような構造は非常に不合理が感じられる。
承認が行われる時間も長くて特定業者の場合、通知なしに、任意で一度承認された写真を削除したりもする。
このような理由のために、よく知られていないインディーズ作家や一般人の場合は自分の創作物の価値を主張したり、
認められる権利を確保し難い。 また、マーケット自体が不透明な選定基準から出発するためでもある。
これに対する代案として PIBBLE は、イメージクリエーターらの生存と直結する販売専用のアップロードイメージの選定過
程を透明に公開して、
PIBBLE Ecosystem 参加者らの合意を通じて直接決定することで、
このような問題を解決しようとする。

創作物の流通過程の確認不可による権利の蒸発

写真作家の知的財産権は死後 70 年まで保障される。
私が力をいれて撮った写真作品や凝った作りの私だけの人気キャラクターたちは直接アップロードした作家が削除しな
い限り、地道に収益を生み出すことが知的財産権が持つ意味だ。
このために趣味を超えてイメージの作家を専業とする人たちのニーズはますます増加している。
多くのイメージ作家たちにイメージは大切な資産であるが、これに対して無断で盗用されるイメージの追跡及び管理の
不在でクリエーターらの権利を保護してくれる装置及び制度は事実上ない状態だ。
PIBBLE は、すでに独自開発されて数年間「不法著作物収集システム」で運営してきたイメージ・トラッキング・サービス
を Block chain に拡張する。
修正とハッキングが不可能な Block chain 上にイメージ、流通過程の記録だけでなく、
SNS まで連結することにより、専門家で一般人までイメージクリエーターらの権利を保護と、
これを通じた収益モデルへとつなげるシステムを提供することだ。

3. PIBBLE Ecosystem Solution

Block chain 技術/スマートコントゥレクトゥ技術を利用した場合、
著作権侵害の問題を最小化させてイメージクリエーターらの正当な収益創出を手伝うことができる。 Block
chain にイメージの流通過程をリアルタイム記録で残し、
任意的にこのような記録を修正あるいは削除することが不可能だためだ。
PIBBLE Ecosystem は、
誰でもイメージコンテンツクリエーター/消費者になって参加できるプラットフォームである。
グローバルネットワークを構築されるために時間・空間的な制約なしに誰でもイメージを生産して消費することができる。
Block chain を活用した PIBBLE Ecosystem は、
特に、SNS 時代にあふれ出てくる数多くの写真のイメージにも注目するが、一般人も暗号通貨を通じて、イメージクリ
エーターとして収益を創出できる構造をして、誰もが参加するイメージマーケットプレイスを図る。
Block chain と暗号通貨技術を使用する多くのプロジェクトの最も大きな問題点のひとつは、
まだ、暗号通貨に興味がない多数を自分たちの
Block chain プラットフォームに参加させにくいという点だ。
しかし、PIBBLE は写真アップロードなどを通じてすでに大衆化されているイメージ創作活動を PIBBLE のエコシステムで
連結し、誰でもイメージクリエーター/消費者になることができるマーケットプレイスを提供しており、これは暗号通貨に関
心がない人たちも
PIBBLE Ecosystem で自然に流入させることができる動機になる。

1. PIBBLE Consensus Algorithm

PIBBLE Ecosystem は Ethereum protocol を使用して開発する。
また、consensus algorithm で、今後、Delegated Proof of
Stake(DPoS)方式と同様の合意の方式を使用してこれを通じて新規 Block を生成する。
Ethereum の PoS 方式を改善した DPoS 方式については、従来 Proof of
Work(PoW)方式に比べて効率的かつ高価なマイニング装備を必要としないメリットを持っており、
PIBBLE Ecosystem 内でユーザーの投票を通じて選出された一定数の
代表者ノード(witness)たちが構成されて運営される。
この witness らの合意によって生成される Block にはイメージの DNA 情報および Text 情報などのトランザクションが
盛り込まれることになり、PoW 方式よりはるかに早い、数秒単位でブロック生成を可能にし、Ecosystem 内で必要な
十分なトランザクションが実現する可能性がある。
Block 生成に発生する token は、
PIBBLE Fountain に累積され、累積された token のかなりの量は、
イメージ、著作者たちが運び、Verification user、User Activity(download、upvote、いいね、クチコミなど)による補償に一定比率割り当てられ、、witness
らにも一定割合割り当てられて消耗され
る。 witnesses 間の配分率は、各 witness 別保有した
PIBBLE Brush の割合によって決まる。

ブロック生成の貢献度:保有 PIBBLE Brush の数*ネットワーク上で PIBBLE Brush 保有時間

2. Block chain を活用したイメージモニタリングシステムの構築

Block chain Image DNA システム ‘BitDNA Pro’

独自開発特許を保有しているイメージ追跡技術人’Contents PRO’を Block chain と結合させる。 ‘Contents
PRO’はコンテンツのオンラインデジタルイメージ分析および検索エンジンだ。
30 万の要素以上の特長を 1 秒以内に抽出/比較する技術(1,000 pixel)を保有した、
検索エンジンソリューションとしてイメージの著作権の追跡を実現させてくれる。
このようなイメージの著作権の追跡を通じて無断複製や不当な盗用問題を防止してきた。
著作イメージ追跡にはコード挿入方式ではなくイメージ自体 DNA 認識技術が活用される。
これはイメージアウトライン、色値、周波数、ストレスの値を通じて分析して原作と似たようなイメージを精密に比較する
方式を通じて行われる。
PIBBLE Ecosystem は、このような’Contents PRO’を従来のイメージ追跡方式を Block
chain に導入して、イメージモニタリング機能、類似イメージ検索など活用案を提示する。

イメージ3

< イメージ 3 : Contents Pro のイメージ追跡プロセス >

現在運営中の Standalone 型 Contents Pro System は、Blockchain のエコシステムに適合した形に
Re-structuring を経て、’BitDNA Pro’として生まれ変わることになって、witness らのノードで、
以下のような機能を担当する。
PIBBLE Ecosystem 内で BitDNA Pro は、新規登録されるイメージと従来の PIBBLE
Ecosystem に保存されたイメージを比較して、重複イメージ登録を防止する機能として活用する。
BitDNA Pro の DNA 抽出技術は、登録されるすべてのイメージの DNA 情報を
Block chain の Ledger に記録する。 そして、新規登録されるイメージは PIBBLE Block
chain 上に保存されたイメージ DNA 情報と新規イメージの DNA 比較を通じて重複するかどうかを判断し、重複と判
断される場合登録が保留される。

3. 自動化・脱中央化されたイメージアップロード方式の構築–PIBBLE Creator’s Consensus

イメージ4

< イメージ 4 : PIBBLE Ecosystem イメージ登録検証の流れ >

PIBBLE プロジェクトは、ユーザーらの著作物に価値を創造し、デジタル時代に誰でもクリエーターになって収益を得られ
る解決策を提示する。
また、既存ストックイメージエージェンシーが選定した中央化されたアップロードイメージ方式の代わりに、ディープランニング
AI と使用者が参加し、脱中央化されたエコシステムを構築する。
このため、まず、PIBBLE Ecosystem は、
アップロード前レビューシステムに AI レビューとユーザーレビューなどの二つの検証方式を持っている。
まず、BitDNA の DeepLearning AI for PIBBLE
(以下’BitDNA DL4P’)は、猥褻な、暴力性など PIBBLE Ecosystem の価値や理念を毀損する
恐れのあるイメージを自動的にフィルタリングする。’BitDNADL4P’のレビューを通過した
イメージでも Ecosystem 内でコミュニティの down vote と同じ Pibble Blur 機能で露出を制限することができる。
レビューを通過したイメージは、イメージ DNA データとテキスト情報が
Block chain 上で保存され、イメージは分散クラウドに保存される。

イメージ5

< イメージ 5 : Ambiguous Image process >

上記、記述された内容に沿って、重複イメージ、猥褻、暴力性などに分類されたイメージたちは、
登録要請者が別途の異議申請がない場合一定時間経過後廃棄され、異議申請をする場合、
レビューグループの再検証待ちに分類される。また、’BitDNA DL4P’の判定結果、
曖昧な結果値を持つ場合にもレビューグループの再検証待ちに分類される。
この再検証待機中のイメージらは、PIBBLE user らのうち自発的な参加を通じて Verification User として活動して、
イメージに対する検証を遂行して補償に PIBBLE Brush を獲得する。
しかし、この過程で悪意的な User が Verification User として参加して PIBBLE Ecosystem 内で通用しないイメージ
を選定したりアップロードを試みる可能性が存在する。このような可能性を除去するためにイメージを検証する
Verification User らは、同じイメージについて合意方式を採択する。 この合意の方式は一定数以上の Verification
User が当該イメージアップロードに同意する投票をしなければならず、アップロードに反対する投票がある場合、アップロ
ードに必要な合意の数は増えることになる。 悪意的な User を除去するため、多数の Verification User が反対した
イメージについて反復的に賛成を投票した Verification User は検証への参加に一定時間制限、PIBBLE Brush の
減少などのペナルティを受けることになる。

イメージ6

< イメージ 6 : PIBBLE Ecosystem 参加者の構成 >

4. PIBBLE Brush と Ecosystem 内 Activity を通じた Badge システムの構築

Block chain を基盤とした PIBBLE Ecosystem のユーザーはすべて匿名性を持つ。
自分が直接明らかにしない限り、ユーザーは、身元情報を入力して加入手続きを踏まない。
ただ、一人が多数のアカウントを所有して Ecosystem に影響を及ぼすことを防ぐために携帯電話番号、メールアドレス
の認証などを行って加入、承認手続きを踏む。
匿名性によって Pibble Ecosystem 内で、悪意的な使い方を取っているユーザーが出かねない。この
ような悪意的なユーザーを制裁して、健全な Ecosystem を作るために Badge システムが構築される。
各アカウントに対する Badge は、該当アカウントの活動性の点数とともに
PIBBLE Brush に比例して決定される。 活動性の点数は PIBBLE Ecosystem で
次のような条件に比例して成長する。

1. PIBBLE Ecosystem 内でイメージ取引回数
2. イメージ購入する際、提出した PIBBLE Token の個数
3. イメージの販売の際、獲得した PIBBLE Token の個数
4. Ecosystem に登録された Image に対するコメント活動点数
5. アップロードイメージ Verification User で検証作業に参加した回数
6. PIBBLE Brush 保有 Score
7. PIBBLE Ecosystem で活動期間

このような指標と比例して活動性の点数が成長しているが、一方的に比例しない。
該当条件を達成していくほど Badge 成長に対する難易度が上昇する。
つまり、高い Badge に上がるほど、次の Badge に上がるための条件が複雑になる。
活動性の点数とともに、PIBBLE Brush 保有点数が Badge グレードに大きな影響を及ぼす。
PIBBLE Brush 保有点数が高ければ高いほど Badge グレードは高くなる。
Badge グレードが高いのアカウントに対して与えられる恩恵は多様だ。Badge グレードが高いアカウントが Ecosystem
内に引き上げるイメージは、プラットフォームの上位に露出される。
また、多くの人々がもっと長い時間に該当 Image を見ることができ、もっと大きな収益を創出する可能性が大きくな
る。 また、PIBBLE Token の保有時に割り当てられる PIBBLE Brush に対する
補償比率がさらに大きくなる。 Badge が高いアカウントであればあるほど
イメージの登録・検証手続きに参加して持って行けるインセンティブも高くなる。
一方、持続的に低い(あるいはマイナス)Badge を記録するアカウントは、
Ecosystem 内で退出なり、アクセス権限を喪失することになる。
各アカウントに対する Badge は、リアルタイムでアップデートされ、イメージの検証過程で悪意的な行動を取ったか、他
のユーザーによって多くのコンプレインを受けたアカウントは、
Badge グレードが減少することになる。

4. PIBBLE Token PIBBLE Brush

1. Usability of Token

PIBBLE Token は、PIBBLE Ecosystem 内でクリエーターと著作権ユーザーまたは、
購買者間の取引のために使用される。 PIBBLE Ecosystem 内で代表的な支払ソリューションで
使用される PIBBLE Token は、取引可能な独占的な暗号通貨だ。 イメージユーザーと購買者は、PIBBLE
Token で売買の決済ができるし、PIBBLE Creator は
取引代金として PIBBLE Token を受けることになる。 この PIBBLE Token を他のクリエーターの
イメージを購入することもできる。 PIBBLE Token は、全世界でイメージ、写真を所有したり、
あるいは使用しようとする需要のためのグローバル決済システムだ。
グローバル Block chain ネットワーク網の PIBBLE Ecosystem 内で PIBBLE Token という
同一の決済手段を使用することで、ユーザーの国籍によって為替レートを毎日調整しなければならない不便さを除去す
る。 また、PIBBLE Token を決済手段として使用すると、
その間、仲介業者らを経て、持っていた不必要な時間と費用を画期的に減少させることができ、
小口決済に対する負担を取り除くことができる。 PIBBLE token は流動的な通貨であり、
取引所で取引あるいは個人間のワーレットに送金もできる。

イメージ7

< イメージ 7 : PIBBLE Token in PIBBLE Ecosystem >

PIBBLE Ecosystem 参加者たちは、様々な方法で PIBBLE Token を獲得できる。こんなに獲得した
トークンを通じて他の人から自由にイメージを購入して使用したり所有することができる。

2. Payment Solution

ストックイメージマーケット

PIBBLE Ecosystem 上ですべてのストックイメージや個人間のイメージ取引は、PIBBLE
Token を使用して支払われる。 PIBBLE Token を通じて、従来のエージェンシーの Fiat で
決済した方式から脱して、決済モジュールを PIBBLE Token という暗号通貨に統一させる。

イメージ8

< イメージ 8 : PIBBLE Token payment solution >

PIBBLE Ecosystem 内で取引されるイメージ価格は、クリエーターが直接希望する価格を PIBBLE Token で定める。
PIBBLE は、初期の流動性確保のため、独自に保有している数十万個の
イメージ著作権を個人たちに無料で提供する。 ただし、ビジネス目的の使用は PIBBLE Token で
永久的あるいは一定期間ライセンス方式で使用権を獲得できる。 このようなトークンの売買方式は
PIBBLE Token の需要を創出することになるだろうと期待される。 ストックイメージ販売方式を
通じて創出した収益のうち、10%は PIBBLE Ecosystem の活性化に向けてコミュニティ分配リソースに
再割り当てされる。

ソーシャル トレイディング マーケット

PIBBLE Ecosystem 内でユーザーは誰でも自由にクリエーターになって自分のイメージを売り買い
ができる。このとき、自分が作ったイメージをアップロードするクリエーターを PIBBLE Creator
と呼ぶ。ソーシャルトレイディングマーケットも支払手段として PIBBLE
Token を使用する。イメージの販売代金は、所定のネット取引の手数料を除いて全てクリエーターに帰ってくる。つまり
、イメージユーザーが支払った PIBBLE Token は、そのまま PIBBLE Creator
に渡され、クリエーターのまた他の創作活動を支援し、既存のエージェンシーが持っていった巨大な仲介手数料を除去し
て正当な収益を創出する。

3. PIBBLE Ecosystem Fee

PIBBLE Ecosystem 内でイメージを登録して取引するためにトランザクションが発生する。ここには
登録 Verification Node、合意システム、イメージ保存などに向けてリソースが使用される。PIBBLE
Ecosystem はトランザクションの処理に向けて手数料を要請し、PIBBLE Token で支払いを
受けている。

イメージ9

< イメージ 9 : PIBBLE Ecosystem FEE >

4. PIBBLE Brush

PIBBLE Ecosystem は健全なエコシステムを構築するため、PIBBLE Token とともに PIBBLE Brush
という補償システムを持っている。 売買代金で締結されたトークンは、適正量が PIBBLE Ecosystem
内で維持されて、トークンを Fiat 化しようとするユーザと、保有しているユーザーの間に適切なバランスが維持されること
が望ましい。 このため、PIBBLE Ecosystem では、いくつかの方式で PIBBLE Brush を支給する。
すべてのユーザーはいろんな activity(イメージ登録、ダウンロード、up-vote など)を通じて、
一定量の PIBBLE Brush を支給されかねないし、イメージレビューを通用する方式、そして、
consensus algorithm に参加している証人たちに支給される。 支給される PIBBLE Brush は参加の
内容、活動内容及び Badge グレードなど様々な条件によって計算されて配分される。
PIBBLE Brush は、PIBBLE Ecosystem に対するユーザーの寄与度についたソフトな補償方法で
取引所で取引が不可能で、Ecosystem 内でのみ通用される。 PIBBLE Brush はボーティングなど
コミュニティ活動時に保有量と比例される影響力を行使を行うことができ、他のアカウントにその一部を配ることができ
る。 また、PIBBLE Brush は再び PIBBLE Token に交換できるが、この過程は6 週間の時間がかかる。 ユーザーは PIBBLE Token を Brush に変換して保有することにより、PIBBLE
Brush を増やし、この Brush を使用、自分が販売するイメージをプラットフォームの上位に露出させたり、掲示物に voti
ng してコミュニティの影響力で消耗する。

Image 掲示物の照会を通じた PIBBLE Brush Reward

Ecosystem 内でユーザーらは、登録された Image を見るだけで PIBBLE Brush を補償受ける
ことができる。これはプラットフォームの活性化に向けて基本的なユーザー補償システムだ。 PIBBLE
Brush 補償だけ追う、無分別な照会活動などの不正行為が発生することができる。これに
備えて補償は件数別に 30 分間隔で計算される。 この時の補償の量は各アカウントの PIBBLE Brush
の保有量に比例して補償される。 しかし、このような補償体制は、より持った者がますます持つ
ようになる弱点を露出させる。PIBBLE Ecosystem は健全なエコシステムを向けて、6 ヵ月の周期と、
PIBBLE Brush の保有量などによって、5%~30%ずつアカウントの Brush さんを焼却することで、
PIBBLE Brush 大量保有者がプラットフォームに独占影響力を及ぼしうるリスクを除去と持続的な
活動を誘導する。このような補償システムはベータサービス期間に十分なテストを経て、適切に再算定する予定だ。

Comment を通じた PIBBLE Brush Reward

各アカウントはコメントを作成、PIBBLE Brush を補償受けることができる。 不正行為防止のために
コメントは、一定時間間隔(約 30 秒)に制限され、制限時間は Badge グレードによって差別される。
コメントに対する PIBBLE Brush の補償は 24 時間単位で最大値が設定され、GMT 0 時に初期化され
る。 持続的な不正行為は該当アカウントに対して一定期間コメント権限の剥奪、Badge グレードの
低下による PIBBLE Brush 補償の減少などで不利益を受けることになる。 悪意的なアカウントは、
一定の期間、PIBBLE Brush の補償など全般的な補償に制限を受けることができる。

5. PIBBLE Roadmap

DATE Roadmap
Prerequisite Contents Pro – Image Copyright Tracking System
Q4 2017 Team building
Idea development, forming technical specification
Q1 2018 Design Prototypes & Early White Papers
Completion of Technical White Paper, Side Papers,
Preparation for ICO. Development of a smart contract for PIBBLE token release.
Token Pre-Sale
PIBBLE Token & Wallet development
Ecosystem partnership continuation
Q2 2018 Token Public Sale
BITDNA development
Re-structuring Contents-Pro engine for Blockchain
Distributed Image Storage System development
Continue the development of the PIBBLE Platform.
Q3 2018 PIBBLE Image Marketplace alpha
BitDNA Pro API alpha
PIBBLE Social Platform alpha
Q4 2018 Public beta launch of PIBBLE Echo System
– Upload and Initialize the Free License stock images
– PIBBLE / PIBBLE Brush Reward System release
– Open BitDNA Pro
Mobile Apps development
Q1 2019 Launch of PIBBLE system
Release Mobile Apps for iOS & Android

※スマホは横にスクロールできます。
 

以上のロードマップは、予想より先に完了して、他の日程が繰り上げて進められることができ、予想よりも大変な作業
はさらに長くかかることもあります。このロードマップは四半期ごとに調整して、意図した計画と目的を達成して新しい計画を樹立することです。 ロードマップの少なからぬ部分が
私たちが適合した人材を適期に採用できるかどうかにかかっている部分もあります。我々の計画がロードマップによって
正しい方向で実践されれば、その間、ネット上に放置されてきた無意味なイメージと写真も私たちの PIBBLE
Ecosystem の中で新しい生命に再誕生するものです。PIBBLE エコシス
テムは Block chain 上で実装される新しいイメージ販売プラットフォームであり、ソーシャル
プラットフォームです。 Block chain 技術で誕生した、ユーザーに利益が補償される新たな形を
披露するものです。

6. Token Distribution

Token Distribution

イメージ10

■全体のトークンの発行数は、300 億 pibble (固定された発行量ではない)
■PIBBLE Ecosystem (35%) – 全体の発行量の 35%のトークンは、会社が保有し、PIBBLE Ecosystem のサービスの活性化およびのマーケティングのために、使用されること
■Founder & Team (20.9%) -全体の発行量の 20.9%のトークンに会社の株主と開発チームが保有
■Token sales(30%) -全体の発行量の 30%の 90 億個の PIBBLE は Pre ICO と Public ICO で販売されること
■Advisor/Partner (8.0%) -全体の発行量の 8%はアドバイザーとパートナーに分配される
■Early Marketing (6.2%) -バウンティー・プログラムを含む

# トークンの発行に対するロックアップシステムとボーナスの販売に対する詳細な案内は、PreICO 前に pibble.io で公示されること

Use of Fund

イメージ11

■トークンの発行を通じた募集金額は、約 45,000 ETH
■44%はシステム開発費や運営費で、32%はサービスの活性化に向けたマーケティングと戦略的パートナーの提携で、12%はビジネス開発に向けて、7%は、法務の検討及びオペレーション fee で、5%は予備金として使用される予定

Pibble Token Generation Event Distribution Summary

■Ticker : PIB
■Token Type: ERC 20
■ICO Token Price: 1ETH = 200,000 PIB
■Hard Cap: 45,000 ETH
■Total Tokens : 30 billion PIB (Not a fixed number. Can be increased)
■Available for Token Sale : 30%
■Pre ICO Period: 2018 年 3 月 14 日〜3 月 26 日
■Public ICO Period : 2018 年 4 月 1 日〜4 月 15 日または、ハードキャップの到達時終了

#詳細な内容は Pre ICO 以前に Pibble.io で Update なること

7. PIBBLE Partners – Based on PriorCooperation

Image Contents Partner
Image Contents Partner

Contents PRO Partner
Contents PRO Partner

Overall Partner
Overall Partner

8. Team

MEMBER

Floris Kleemans

Floris Kleemans

Founder of FOCAFET Foundation

2014 年から Block chain 関連非営利団体の議長だった。
彼は ABN AMRO bank N.V.の CSO に属しており、
現在は Open Convenient And Fair Economic Transactions の始まりを助けている。

 

Paul Iske

Paul Iske

Professor Open Innovation and Business Venturing

ピブル・アドバイザーとして参加している Paul Iske は、オランダの ABN
AMRO 銀行の CCO に勤務しており、知識産業を先導する PNA の
CDO(Chief Dialogues Officer)で在任中だ。
公共および民間企業分野の様々な組織で多くの経験を積んだことのある彼は特に革新、創意力、コンサルティング
技術などの知識管理に抜群の力量を持っており、ピブルプロジェクトで、革新と創造力の向上など企業家精神を鼓
吹することを強調している。

 

Sankalp Shangri

Sankalp Shangri

CEO & Founder at LALA World

彼は現在、分散された金融エコシステムを作るために努力している。
演説者であり、Block chain 関連作家及び投資者だ。

 

 

JinMan Kim

JinMan Kim

CEO-THE STAR ASIA

The スター・アジアは現在、韓国エンターテインメント企業の中で東京に配置された The Star
Japan を通じて日本と最も強い連結線を持っている。 The Star は AAA(Asia Artist Awards)を主催して K-Pop/Kdrama
関連された授賞をしている。 The Star Asia はアジア全体で認められるメディア関連企業として定着している。

 

ChulWoong Jung

ChulWoong Jung

CEO-KIWI MEDIA GROUP

KIWI MEDIA GROUP は現在、音楽、公演だけでなく、映画、ドラマ、出版などの分野で活動を
している企業だ。 SAMSUNG、LG 電子のような企業らのそばに KOSPI のリストに掲載されている。

 

EonKoo Hwang

 

EonKoo Hwang

Vice president of e-Tomato Group

株式市場で相対的に情報に疎外された一般投資者たちに新鮮で、つまった情報提供を目標に 1994 年に建てられ
た証券専門メディアグループ e Tomato グループの副会長。News Tomato と
Tomato TV を通じて、証券会社 HTS から NAVER、Daum、Africa TV、
ケーブルチャンネルなどを通じて証券のニュースを配信している。 国内最大規模の証券コミュニティも保有している。
2009 年、国内証券/経済専門チャンネルでは初めて HD 放送を送出し、
最近 Block chain 技術の開発に乗り出すなど、新技術の導入と開発に積極的だ。

 

JiHyun Suh

 

JiHyun Suh

CEO of VIRTUALTEK

延世(ヨンセ)大学コンピューター工学科出身で、コスダック上場会社のバーチャルテックの代表取締役。バーチャルテック
は 1991 年 IO システムとして発足、2000 年コスダック(店頭市場)市場に上場した。
グローバル高地事業と B2B 用補助、電池事業などを営んでいる。
計 13 の系列会社を持っており、ワイファイを応用した技術の研究と Block
chain マイニングソリューションを開発中だ。

CONSULTANTS

 

Jay H. Kim

Jay H. Kim

Blockchain Specialist for Token Logic Design

彼は、Block chain フォーラムコリアの新しいビジネス開発部署の理事となっている。
彼は三星電子でスマートフォンの開発を担当しており、
GM(General Motors)でプログラム管理をした。 それだけでなく LG 電子で戦力構成を担当した。

 

Richard Jang

Richard Jang

Marketing Manager

言論人で、オン・オフラインのマーケティングの専門家。
インフィニティ自動車(ハンミモーターズ)、サロン・マーシャルなど 20 年間、広告マーケティング分野の多様な実務経験を
持っており、現在、マーケティング専門グループシティモンの代表であり、ジャーナリストで活動している。
1,200 人余りのブロガーのネットワークを基盤にラマダホテル
(ラミドゥグループ)、現代グループ研修院(現代ブルームビスタ)、グランド百貨店、
プロバンスベーカリー、インカサ家具などのオンオフラインマーケティングを進めている。

 

Song Do-Young

Song Do-Young

Attorney at Law, Partner of VEAT LAW FIRM

韓国高麗大学の法科大学を卒業した後、国会秘書官を歴任し、韓国最高裁判所長を務めた。
彼は、IT、ベンチャー、創業、VC、PEF、著作権、営業秘密、個人情報保護及び情報セキュリティー関連の専門家で
ある。
現在、韓国金融投資協会(KOFIA)及びその他の公共機関、DUNAMU や COIN RAIL を含む様々な機関および
会社の諮問弁護士で活躍中。
関連サイト:http://www.kofia.or.kr/index.do

MEMBER

Treadi Lee

 

Treadi Lee

Founder

梨花(イファ)女子大学教育工学の学士、延世大学経営学修士出身で,高麗大学校とソウル大学で最高経営の英
語課程を履修した。現在、キウイメディアグループの新規事業と The スター・アジアの
コンテンツ事業部を総括している。独自開発したコンテンツ流通ソリューションを通じて国内
60 余りの新聞社に著作権保護サービスを提供し、MBC と YG Entertainmet のオンラインコンテンツ
パートナー会社で、国内外の映像コンテンツを流通、提携するコンテンツビジネスを運営してきてコンテンツに対する高い
理解度を持っている。20 数年間、IT 分野に従事してきた経験をもとになりますが、現在は、既存ビジネスと Block
chain 技術との融合を向けた多数の BM コンサルティング
プロジェクトに参加している。

 

YoungKey Park

YoungKey Park

CEO

AI(人工知能)などを活用したイメージ認識技術の専門家。ブームを起こした KTH のヨンイェイン似て探しアプリ’プリン
顔認識’の核心技術である顔認識エンジンの開発リーダーだ。日本移動通信会社である KDDI 研究所で顔認識プロ
ジェクトと動作認識プロジェクトを担当したこともある。また、顔認識を利用したデジタルサイネージ、セカンドスクリンヒャ
ン動画 DNA 抽出、加速度センサー追跡動作認識エンジン、虹彩認識エンジン、VR(仮想現実)マルチカメラリアルタイムスティチンモジュール開発などを牽引した。イメージマッチング&分類エンジンを開発、イメージ追跡関連専門技術を
保有している。

 

Andrew DB Chae

Andrew DB Chae

CTO

Data Scientist.韓国 IBM 研究所で Watson Cognitive
Computing(ワトソン認知コンピューティング)を利用したプロジェクト PM(Project
Manager)および開発を進めている。航空整備履歴分析システム(大韓航空)を開発して人事行政システム(行政安
全部)など多数の SI(システム統合)プロジェクトを導いたことがある。
2007 年最優秀プロジェクトに選定され、大統領表彰や行政自治部長官表彰を授与され、2017 年韓国 IBM 初 G
lobal OIA/OTAA 賞を受賞し、現 Blockchain SIG、Bigdata SIG メンバーである。

 

Ben Kim

Ben Kim

Contents Developer

コンテンツセールスやマーケティング専門家。グローバル 3 大ニュース通信会社のフランス AFP の子会社 AFPBB ニュース
韓国マーケティングやセールス担当しており、イメージエージェンシーと
ニュース通信社で 10 年以上勤務している。

 

YoungSoo Mun

YoungSoo Mun

Multimedia Contents Producer

映像コンテンツ専門家。 1996 年から現在まで国内 1 世代アイドル、
K-pop の主役たちの多様な映像演出制作を進めた。
特に 1 世代アイドルプロモーションビデオの半分が彼の手で誕生した。
多数のコンサート DVD 制作経験とドキュメンタリー映像、キャンペーン映像、官公庁や企業広報映像、TVCM などを
製作している。 MCN コンテンツ専門プロデューサーとしても活動中だ。

 

Kevin Kang

Kevin Kang

Contents Developer

イメージ&映像コンテンツ専門家。国内代表ストックイメージ企業で勤務.グローバルエンターテイメントマガジンでジャーナ
リストとしても活躍中だ。ビッグデータ基盤プラットフォーム企画専門家としても活動する。

 

Jinri Lee

Jinri Lee

Marketing Developer

ウィスコンシン大学(University of Wisconsin)-
マディソン・(Madison)産業工学を専攻した真理は、医療、製造分野及び IT 分野でコンサルティングプロジェクトに参
加してきた。真理はピブルプロジェクトでソーシャル分野でお客様の活動の追跡及び対応分野を担当しており、現在、
ソーシャルチャンネルでピブルプロジェクトを広く広報している。

 

Hyungjoon Yoo

Hyungjoon Yoo

Research & Analysis Developer

彼は、分析チームが Block
chain に基づいた新しい技術を研究しており、グローバル技術チームとの疎通を責任負っている。

 

#この白書は内容の案内を目的とした情報伝達文書です。機能、全体モジュールまたは個別部品に対する説明は、
開発プロセス中に変更されることができます。会社の理事会がそうした企業の実現に
対する決定を下す前に法的効力や実現の義務があるわけではありません。