2020年大注目の仮想通貨、IOSTのスペックと取扱取引所について

IOSTはブロックチェーンが抱えるいくつかの問題を解決するトークンとして注目されており、DApps(分散型アプリケーション)の開発に用いられています。また、イーサリアムなども抱えているスケーラビリティ問題も解決できる技術が搭載されており、スケーラビリティ問題の解決と非中央集権的なシステムの構築を両立させているのが最大の特徴です。

IOST(アイオーエスティー)とは、DApps開発用ブロックチェーンプラットフォームで用いられるトークンの名称として呼称されており、正式名称はIOS Tokenです。今最も注目されている仮想通貨のスペックやトレード可能な取引所など、順を追ってご紹介していきます。

目次

IOST(アイオーエスティー)の概要

IOST(アイオーエスティー)の基本情報

価格 0.00729208USD/IOS
総発行数 210億トークン
時価総額 110,599,580USD
時価総額ランク 113位
発行主体 IOST / IOS Foundation Ltd.(シンガポール)

IOST(アイオーエスティー)の基本情報は上記に掲載した通り。IOSTは前述のDApps開発用ブロックチェーンプラットフォームで用いられるトークンで、正式名称はIOS Token。なお、プラットフォーム自体の名称はIOSとなっています。

IOSの最大のテーマは「スケーラビリティ問題の解決」と「非中央集権制」の両立で、DApps開発に用いられているイーサリアムやEOSが抱える様々な問題を解決することを期待され生み出されました。2020年に最も注目される仮想通貨の特徴を、更に詳しく見ていきましょう。

IOST(アイオーエスティー)の特徴

IOSTはコンセンサスアルゴリズムにProof of Believability(以下PoB)を採用しており、このコンセンサスアルゴリズムがブロックチェーンの様々な問題を解決するのに役立っています。

PoBは、ネットワークへの貢献度が高い人ほどトランザクションを処理できる可能性が上がるというもので、ビットコインやイーサリアムなどを利用しているProof of Work(PoW)などが一般的なコンセンサスアルゴリズムでしたが、これらにはいくつかの問題点があり、それらを解決するために開発されたのがPoBなのです。

この他の特徴として、下記が挙げられます。

・DApps開発用プラットフォームとして利用可能。
・スケーラビリティ問題を解決するためにトランザクション処理速度が早い。
・プログラミング言語がJavaScript。

IOST(アイオーエスティー)公式アカウント一覧

公式サイト:https://iost.io/
Twitter:https://twitter.com/IOST_Official
Facebook:https://www.facebook.com/IOSTofficial

IOST(アイオーエスティー)が上場している取引所

■Binance

言わずと知れた、世界最大の仮想通貨取引所。取引高、登録者数が世界トップクラスであり、圧倒的な仮想通貨の取扱数を誇り、ICO直後の仮想通貨をすぐに取り扱うスピードと柔軟性を兼揃えた仮想通貨取引所の雄である。
IOSTの取引量が、現在最も多いのはHuobi Globalと言う取引所ですが、購入する際の通貨ペアが、IOST/USDTなので工数が多くなり、面倒です。BinanceであればIOST/BTCの取引量が最も多いのでトレードしやすく、お勧めです。

Binance公式サイト

■Coincheck

日本最大の仮想通貨取引所であり、取引可能な仮想通貨数においても国内でNo.1。コインチェックでは明日の9月8日より、ISOTの取扱を開始すると発表しており、日本国内でのISOTの取扱はコインチェックが初となります。

Coincheck公式サイト

IOST(アイオーエスティー)の今後と将来性


今回はIOSTの将来性をテーマにさまざまなポイントをチェックしていきました。IOSTはイーサリアムやEOSの問題点を解決するDApps開発用プラットフォームとして今後さらに注目されることが予想されます。

スケーラビリティ問題を解決できる可能性があること、非中央集権的な運営体制を維持しやすいこと、JavaScriptで開発できることがメリットといえるでしょう。

競合するプロジェクトがいくつか存在しているものの、今後に期待できそうな仮想通貨です。購入を検討している人は、ぜひチェックしておいてください!

ISOT公式サイト

 

暗号通貨おすすめ取引所

コインチェック

会社名 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)                           
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012年8月28日
資本金 385百万円
代表取締役 蓮尾 聡
暗号資産交換業の登録番号 関東財務局長第00014号
加入協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

一般社団法人日本ブロックチェーン協会

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会

一般社団法人Fintech協会

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会

取扱通貨 「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「FCT」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」

ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、セキュリティレベルは大幅に向上しています!

2021年にはモバイルアプリダウンロード数「410万」を突破しており、登録者数はグングン上昇しています。 他の取引所と比較しても、ここまでたくさんの通貨を取り扱っているのは、Coincheckのみ。 最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。 もともと金融業を営んでいる「マネックスグループ」がバックについているので、Coincheck(コインチェック)は他の取引所と比較した場合でも、安全性が高いと言えるでしょう!

コインチェック

コインチェックの登録はこちら!⇒コインチェック

その他の仮想通貨取引所に関する情報は関連記事「【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?」でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる