プレイウォレット(PlayWallet)が正式リリース!概要と今後のアップデート

playwallet

プレイウォレット(PlayWallet)が2019年3月27日、正式にリリースとなりました。
「実際の現金のように実生活で使用する」というのがこのプレイウォレットの特徴のようです。

では、プレイウォレット(PlayWallet)の概要や特徴について、詳しく解説していきたいと思います。

目次

プレイウォレットはGame Hub Corporation Limitedがリリース

プレイウォレット(PlayWallet)は、Game Hub Corporation Limited(以下GameHub)という香港の企業がリリースしました。
Game Hub Corporation Limitedは、ゲーム向けプラットフォームのプレイコイン(PLAYCOIN)を開発した企業です。

GameHubが開発したプレイコインの目的は、ゲーム開発者とユーザー間で発生する不要なマージンを排除し、開発者とユーザーそれぞれに利益をもたらすことです。
GameHubは韓国で人気のゲーム「Special Force2」の開発などを手掛けており、世界で15兆円を超える市場と言われているゲーム市場に今後プレイコインが与える影響は非常に大きいと注目されています。

プレイコインに関する詳しい情報は以下の記事でもご紹介していますのでご覧ください。

プレイウォレットはAndroidアプリのみ、iOSは今後対応予定

playwallet2
プレイウォレットアプリはAndroid向けのアプリのみリリースとなっています。
Androidで利用する場合は、Google Playで検索するとダウンロードできます。

>>Google Play ストア‎はこちら

iPhone(iOS)への対応も予定しているとの事なので、iPhoneユーザーの方はiOS版のリリースを待ちましょう。

プレイウォレットで現在利用できるコインは6種類

現在、プレイウォレットで利用可能な仮想通貨コインは全部で6種類あります。

 

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • PLY(プレイコイン)
  • PLC(プレイキャッシュ)
  • Qtum(クアンタム)
  • ERC20 ※準備中

PLC(プレイキャッシュ)とは何ですか?

PlayCash(PLC)はゲームとコマースで簡単決済のためのCrypto Payです。ブロックチェーンのペイパルと理解してください。1秒以内で決済が可能で、従来のERC20の決済速度及びガスの問題を解決した決済プラットフォームです。

※引用元:https://medium.com/@playcoin/playwallet-faq-jp-904fccb4022d

ビットコインやイーサリアムと言った取引量の多いコイン、そしてプレイコインももちろん利用できます。

なお、ERC20についてはまだ準備中なのですぐに利用できませんがいずれ利用できるようになるでしょう。
その他、以下の3種類のコインについても、今後プレイウォレットで利用可能となる予定になっています。

  • (イオス)
  • TRON(トロン)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

プレイウォレットのセキュリティ面は大丈夫?

セキュリティ
仮想通貨のウォレットと言えば、やはりセキュリティ面が気になるところです。
プレイウォレットをリリースしたGameHubは、プレイコインを開発しており高いブロックチェーン技術を保有しています。

その為、プレイウォレットは「高水準で強力なセキュリティを提供する」と公式にも発表していますので、安全性の高いウォレットといえるのではないでしょうか。

ウォレットを紛失してもバックアップ機能があるから安心

プレイウォレットの大きな特徴の一つに、「バックアップ機能」があります。
プレイウォレットのバックアップは、独自のクラウドバックアップとなっていて、アプリから自動的にバックアップが行われます。

一般的な仮想通貨ウォレットは、ニーモニックを紛失してしまうと情報を復元する事ができません。
つまり、そのウォレットに保管してある大切な資産そのものを紛失してしまうリスクがあるのです。

しかしプレイウォレットはバックアップされていますから、万が一ニーモニックを紛失したとしてもウォレット内の資産を安全に復元する事が可能となります。

以下の動画はプレイコインのオフィシャルチャンネルの動画です。
まだプレイウォレットリリース前のものにはなりますが、プレイウォレットについてや、バックアップ機能等について解説されていますのでご覧ください。

プレイウォレットの今後のアップデート

先日リリースされたプレイウォレットですが、今の状態が完成形ではありません。
今後さらに様々な機能のアップデートが予定されており、現段階でわかっているだけでも4つのアップデートがあります。

  • エアードロップ機能
  • P2P取引機能
  • ICO参加機能
  • クリプト投資及びローン

まとめ

プレイウォレットはiOS未対応であったり、利用可能なコインの数もまだそれほど多くはありません。
しかし、アップデートが予定されていますので今後さらに利便性は向上するでしょう。

プレイコインをお持ちの方はもちろんですが、ニーモニックを紛失してもバックアップ機能により資産を復元できるといった非常に頼もしい機能もありますので、興味のある方は、実際にプレイウォレットを>>Google Play ストア‎からダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか。

 

暗号通貨おすすめ取引所

コインチェック

会社名 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)                           
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012年8月28日
資本金 385百万円
代表取締役 蓮尾 聡
暗号資産交換業の登録番号 関東財務局長第00014号
加入協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

一般社団法人日本ブロックチェーン協会

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会

一般社団法人Fintech協会

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会

取扱通貨 「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「FCT」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」

ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、セキュリティレベルは大幅に向上しています!

2021年にはモバイルアプリダウンロード数「410万」を突破しており、登録者数はグングン上昇しています。 他の取引所と比較しても、ここまでたくさんの通貨を取り扱っているのは、Coincheckのみ。 最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。 もともと金融業を営んでいる「マネックスグループ」がバックについているので、Coincheck(コインチェック)は他の取引所と比較した場合でも、安全性が高いと言えるでしょう!

コインチェック

コインチェックの登録はこちら!⇒コインチェック

その他の仮想通貨取引所に関する情報は関連記事「【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?」でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

playwallet

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる