2018/7/27プレイコインミートアップが大阪で開催!【PLAYCOIN MEET OSAKA】

playcoinmeetup

前回の都内でのミートアップに続き、2018/7/27に今度は大阪でPLAYCOIN(プレイコイン)のミートアップが開催されました。
そして今回もPLAYCOIN(プレイコイン)のミートアップに関する情報を可能な限り収集しましたのでご紹介していきたいと思います。

※前回都内で行われたPLAYCOIN(プレイコイン)のミートアップについてはこちらの記事をご覧ください。

目次

サービス紹介

Playshop

スターバックスコーヒー、コンビニでPLAYCOIN(プレイコイン)が利用可能になります。
そして今後東南アジアで利用がてきるように進めていく予定です。

追加店舗:ドミノピザ、バーガーキング(Burger King)
※2019年予定

play game

東南アジアではクレジットカードの変わりにLINEのメッセージを使い決済を行っており、この市場のシェアを取りにいく予定です。(約20億ドルの市場)
※2019年春頃の予定

coin weather

AIを使いそれぞれの情報を精査し投資家が情報を利用しやすい様に支援するアプリになっています。
また通常は有料のサービスですが、PLAYCOIN(プレイコイン)ホルダーは無料で利用可能です。
※2018年8月頃の予定

union wallet

PLY以外のコインも利用ができるようになっています。(BTC,ETH etc)
また、スマートフォンでアプリとして利用ができる仕様になっています。
セキュリティーはアメリカで定める基準でトップ2位に値するレベルです。
通常は有料のサービスですが、PLAYCOIN(プレイコイン)のホルダーは無料で利用可能です。
※Android:8~9月頃 iPhone:2019年の春頃の予定

PLAYCOIN(プレイコイン)の価格を上げる戦略

IP Business

日本のアニメや漫画をゲームとしてリリースする事を検討中。

About PlayCion Recent Trade

現在の4つの取引所はハッキングを行ない交渉をし、ほとんど無料で上場してきたとのこと。
※BitZは通常上場するのに6~7億円かかる。

チェジュ島での利用

チェジュ島でPLAYCOIN(プレイコイン)が利用できるようになり、その際価格が50%ほどディスカウントされる予定
※2018年のクリスマス頃を予定

その他

日本国内でのPLAYCOIN(プレイコイン)利用開始については、様々な規制があり現段階では目途が立っていないそうです。
また、取引所への上場に関する情報はまだ公開できる状態ではないようです。

質疑応答

1.次回の上場予定
⇒︎解答できない

2.更にそれ以上に上場を考えているか
⇒︎解答できない

3.事前発表はもうしないのか
⇒公式のTwitterなどで随時配信する予定。

4.PLAYSHOPで追加予定の企業
⇒︎東南アジアに横展開を先行して行い、その展開をする際に適した企業に交渉を行っていく予定。

5.PLAYSHOPの日本での展開予定
⇒︎展開したい意思はあるが、日本の規制が厳しく現段階で目処は立っていない。

ネット上の反応

まとめ

日本国内でミートアップを開催するなど、その活発な活動が見られるPLAYCOIN(プレイコイン)。
ネット上でもPLAYCOIN(プレイコイン)に対する期待の声が多数見受けられました。
スターバックスでの決済導入やアジアへの進出が予定されており、今後ますます目が離せないですね。

PLAYCOIN(プレイコイン)は海外取引所のBit-Z(ビットジー)で取り扱っていますので、これからPLAYCOIN(プレイコイン)の購入を検討されている方はまずはBit-Z(ビットジー)への登録をしておきましょう。

Bit-Zの登録はこちら

>>PLAYCOIN(プレイコイン)の管理ができるウォレットQbaoNetwork(キューバオネットワーク)

暗号通貨おすすめ取引所

コインチェック

会社名 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)                           
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012年8月28日
資本金 385百万円
代表取締役 蓮尾 聡
暗号資産交換業の登録番号 関東財務局長第00014号
加入協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

一般社団法人日本ブロックチェーン協会

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会

一般社団法人Fintech協会

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会

取扱通貨 「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「FCT」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」

ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、セキュリティレベルは大幅に向上しています!

2021年にはモバイルアプリダウンロード数「410万」を突破しており、登録者数はグングン上昇しています。 他の取引所と比較しても、ここまでたくさんの通貨を取り扱っているのは、Coincheckのみ。 最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。 もともと金融業を営んでいる「マネックスグループ」がバックについているので、Coincheck(コインチェック)は他の取引所と比較した場合でも、安全性が高いと言えるでしょう!

コインチェック

コインチェックの登録はこちら!⇒コインチェック

その他の仮想通貨取引所に関する情報は関連記事「【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?」でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

playcoinmeetup

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次