中国版リップルと呼ばれる仮想通貨Zipper(ZIP)の特徴や価格・取引所について

zipper 仮想通貨

中国の分散型プラットフォームでここ最近注目が集まっているのが、「Zipper(ZIP)」という仮想通貨です。
取引所へ上場後、突発的に大きく価格を上げて一瞬だけ話題になるコインは多数ありますが、Zipper(ZIP)はそういったことではありません。

なんせ、Zipper(ZIP)は「中国版リップル」なんていう風にも言われているんですから。
では、そんなZipper(ZIP)の詳しい情報やなぜ「中国版リップル」と呼ばれているのかなどを解説していきたいと思います。

仮想通貨Zipper(ZIP)

zipper2
Zipper(ZIP)は2018年5月に上場しました。
仮想通貨としては、まだまだ知名度も時価総額も低いコインではありますが、Zipper(ZIP)がどんなものなのかについて調べていくと、今後に期待できる要因がいくつか発見できます。

コミュニティメンバー

・Mr.John Bell
Mr.John Bell

ジョン・シオン氏は、江西省財政経済大学、通貨バンキング
メジャー。 2011年、FintechコーポレーションのTTG Fintech Limited(ASX:TUP)を設立し、
革新的に銀行の支払いゲートウェイのルーティングの支払い経路スキームの設計コンセプトを導入した。
さらに、彼は世界初のFEA、金融電子
認証、統合された決済および決済処理システム。システムが提供しています
金融システム開発および技術サポートサービスを提供するために世界中の何百もの銀行に提供しています。
TTG Fintech Limitedは、さまざまな国で知的財産を取得し、所有しています。
世界の地域であり、中国のTOP 10ブロックチェーン知的財産企業です。

社会的地位:
•TTG Fintech Limitedの取締役会長兼CEO
深セン電子商取引協会上席副社長
•深センインターネットテクノロジーアプリケーション副社長兼副事務総長
協会
•深セン(羅湖区)科学技術協会常任委員
•深セン協会の専門家委員会(電子商取引の信頼できる取引サークル)
テクノロジー
•タイ商工会議所名誉会長

・Mr.Zhang Jian
Mr.Zhang Jian

Zhang Jianは、ブロックチェーン業界の初期のパイオニアであり、豊富な起業家経験と業界資源を持つブロックチェーン技術専門家です。元ヒュービーCTOのボッヘンの創設者兼会長。著者: “Blockchain:ファイナンスと経済の未来を定義する”、 “Fintech:将来の金融エコロジーの再構築”の共著者China Blockchain Technology and Industry Development Forum(MIIT)の専門委員会、分散元帳のアーキテクチャリーダー国際電気通信連合電気通信標準化部門(ITU-T)の技術フォーカスグループ(DLT-FG)

Zhang Jian氏について
海外取引所の中でも大手となる「Huobi」の元CTO(最高技術責任者)です。さらに、Zhang Jian氏はもうひとつ別の取引所FCoin(エフコイン)の創設者でもあります。後ほど詳しくご紹介しますが、実はこのZipper(ZIP)の取引ができる取引所の一つがZhang Jian氏の創設したFCoin(エフコイン)なんですね。こうした状況から、今後将来的にFCoinにはZipper(ZIP)のシステムが導入されるのではとの声もあり、FCoinとZipper(ZIP)の密接な関係がうかがえます。

Mr Boris Chan
Mr Boris Chan

ボリスチャンさんは香港大学を卒業しました。
(学部および大学院)。彼はFintech(finanacial technology)業界では、製品の実装と伝統的な銀行と金融のためのFintechのインテリジェントなインターネットイノベーションのサービスコンサルティング機関。また、彼は中国や海外のFintechアップグレード業務を大量に担当しています銀行。過去3年間で、ボリス氏はFintechのアップグレードを促進することにコミットしました。クロスチェーンの研究開発(研究開発)を共同で提唱していますメッセージとトランザクション関連アプリケーションの転送と実装。に基づく異なるFintechブロックチェーン製品アプリケーションの統合、金融法律への苦情さまざまな国の規制を遵守し、業界のコンセンサスを得るために、ボリス氏チャンは共同研究開発(研究開発)とグローバル金融の実施を提唱段階的な公共ブロックチェーンの基礎技術。

Dr.James Lei
Dr.James Lei

James Lei博士は、熟練した研究者、発明家、起業家、そして先見性のあるリーダーです。彼は 香港応用科学技術研究所のR&Dプログラムディレクターを創設 (ASTRI)は、分散システムにおける研究の先駆的研究、AIと機械学習、 ブロックチェーンとDLT、クラウドコンピューティング、大規模データ、金融技術、メディア、ネットワーク、 ソフトウェアとシステム。彼は主要な科学者であり、数十人に貢献したチーフアーキテクトです 大きな商業的影響を伴う技術移転。彼はMSCのプログラム委員です 香港中華大学の金融工学プログラム、 香港科学技術大学の財務応用コースブロックチェーン、 香港大学で金融技術プログラム委員を務めています。彼は持っている CUHKでEBMAを教え、電気電子学のMS / PhD論文顧問を務めた HKUのエンジニアリング部門とCUHKの情報エンジニアリング部門。彼は 香港研究助成協議会の審査委員、IEEE通信の審査員 雑誌、湖南省経済情報局名誉顧問、技術 Zhuzhou市のコンサル、HengQin Financial Technologiesの一般技術アドバイザー 工業団地。Dr Leiは、Bell Labs、Lucent Technologies、 ブラウン大学ウォルターハンターAIラボ、パナソニックリサーチ、米国。彼は120 + ジャーナル、会議、特許の出版物。彼の研究はいくつかの技術をもたらしました スタートアップ。彼はニュージャージー中国コンピュータ専門家協会の会長、 中国科学技術協会、北京海外科学諮問委員会、 ニュージャージー州ワイヤレステレコムセンターのための州研究基金産業委員会、および 技術会議主催者およびセッションチェア。彼は広州国際の共同設立者だった 海外の中国学者を対象としたハイテクインキュベーションセンター 中国。 Dr. Leiは、北京大学で数学の学士号を取得しました。 ブラウン大学のEEの数学と博士号。

 

 

Mr.Chris Ryan
Mr.Chris Ryan

クリス・ライアン氏は、オーストラリアの公認会計士協会のフェロー、オーストラリア人 金融サービスライセンシーおよび金融オンブズマンサービスのメンバー。彼は Investorlinkグループのエグゼクティブディレクターであり、国際的にも 国内では、資本調達、企業再編、法人課税、事業計画などがあります。</ p> <p>クリス・ライアン(Chris Ryan)は、大企業の企業買収および売却の主任顧問を務めています ASXのリスティングについてアドバイスしたほか、 リストされていない不動産市場。 ASX上場会社の会長を務め、現在保有しています いくつかの非上場企業の取締役です。

 

Mr.Roger Wu
Mr.Roger Wu

Roger WuはBoom Fintech Inc.のCEOです。投資と財務の20年の経験を持ち、 Rogerは、プライベートエクイティのいくつかの企業、Fintechおよび国際コンサルティングの創設者です セクター。彼の焦点は近年、Fintech分野にシフトしており、それが重要な要素であると信じている 将来へ。

ロジャー・ウーはデュアルB.A.トリニティカレッジの経済学とアジア関係学位。

 

Ms Fei Zhang
Ms Fei Zhang

Fei Zhang氏は、金融サービスおよびコンサルティング業界で15年以上の経験を有しています。彼女 消費者金融および商業貸出の両方における信用リスク管理の実績が高い 結果を重視しています。現在、キャピタルワンのリスク管理の役割を担っています。先立って それは、アメリカン・エキスプレスの地域リスク責任者であり、企業の制度上のリスクを管理していた 毎年約100億ドルの請求書を発行しています。彼女の早いキャリアの間、彼女は時間を過ごした さまざまなコンサルティングプロジェクトのアクセンチュア。Ms張は、デューク大学で経営学修士号を取得し、 B.S.ルイジアナ州立大学から学位を取得。彼女はまた、公認会計士 アナリスト

Mr.Kevin Piao
Mr.Kevin Piao

Kevin Piao氏は、銀行業界と支払い業界で豊富な経験を持っています。彼は前の
FirstData中国の販売、中国の決済ソリューションのすべての販売事業を担当。前の
FirstData Chinaでのキャリアのために、BOC Services Inc.のマーケティング&セールスディレクターを務めました。
(ビジネス開発戦略の確立と実施に焦点を当て、
製品とソリューションの開発担当)とBOCクレジットカードのプロジェクトマネージャー
(インターナショナル)リミテッド(ダイナミックな通貨の確立と実施を中心に
変換開発戦略、eコマースチームの構築、PCI認証の推進、
インターネット決済サービスプロバイダーやマーチャントがリスク管理システムを構築するのを手助けする)。

 

ロードマップ(Development path)

zipper3

現在のところ、2019年Q1までのスケジュールが発表されています。

Zipper(ZIP)の特徴(利点)について

財務レベルの安全性と支払い効率

国際的な金融コンプライアンス要件を満たすために、ノードIDのKYCを導入してノードを検証し、監督する。

スケーラビリティと相互運用性

クロスネットワーク金融電子認証と組み合わせたビジネスルールの構成可能な契約設計

複数のアプリケーションシナリオ

プライベートブロックチェーン/コンソーシアムブロックチェーン/プロダクションブロックチェーンを導入することにより、銀行内部のシステムを迅速に実装し、企業の要件を満たすことを約束するように特別に設計されています。

中国版リップルと呼ばれる理由

Zipper(ZIP)が「中国版リップル」と呼ばれてる理由は、Zipper(ZIP)がリップルのように金融機関での利用を前提としたシステム開発を行っているからです。
すでに多くの金融機関と提携をはたしているリップルですが、Zipper(ZIP)はそれを上回る可能性を秘めたスペックがあります。
それが「マルチタイプブロックチェーン ZO」です。

マルチタイプブロックチェーン『ZO』

Zipper(ZIP)は複数のブロックチェーンに対応する事ができます。
具体的には

・プライベートブロックチェーン
・コンソーシアムブロックチェーン
・パブリックブロックチェーン

この3種類のブロックチェーンに対応する事ができます。
これが何を意味するのかというと、金融機関によって仕様の違うブロックチェーンを利用していた場合でもZipper(ZIP)ならそれぞれに合わせて対応することができ、リップルよりもさらに柔軟性が高いということになります。

総合管理ウォレット『ZipperOne』

zipperone

ZipperOneはZipper(ZIP)独自のウォレットです。
ZipperOneは、ひとつのウォレットで複数のコインを管理することができるという特徴があります。
まだ現在はβ版しかリリースされていませんが、非常に使い勝手が良いので今後本格リリースされるとZipperOneを利用するユーザーが増える可能性もあります。

Zipper(ZIP)がある取引所

FCoin(エフコイン)

fcoin

FCoin(エフコイン)はZipper(ZIP)のコミュニティメンバーにも名を連ねている大手取引所の「Huobi」の元CTO(最高技術責任者)Zhang Jian氏が創設した取引所です。
FCoinは独自トークン「FT」を発行しており、FCoin取引所の利益額の80%が配当としてユーザーに還元する仕組みなどでも注目されています。
取引量も多くなっていますので、Zipper(ZIP)の取引を行うのであればぜひ登録しておきたい取引所です。

FCoin(エフコイン)の特徴と登録方法や配当価格・取引所情報まとめ

2018.07.16

金融機関と相性の良いZipper(ZIP)

Zipper TEAMが発信している情報の中には下記のような記載がありました。

現在、グローバルな金融機関は、コンプライアンス、セキュリティ、技術標準のためにブロックチェーンを受け入れることができません。金融機関によって開発されたプライベート・アライアンス・チェーンはデータ・アイランドです。また、リプルは金融規制に対応しておらず、普遍的ではなく、柔軟性が不十分で多くの国に配備することができません。既存の金融機関のビジネスロジックと決済ロジックは合致せず、金融機関は容易に接続できません。標準フォーマットにも問題があり、Rippleのメッセージシステムは、銀行の既存のメッセージフォーマットおよび標準規格と互換性がありません。これにより、リップルは金融業界をブロックチェーンと統合する際に多くの抵抗に遭遇しました。

Zipperは、国際金融規制機関や金融機関の内部セキュリティ要件を考慮して、ブロックチェーンと銀行の既存ネットワークとの接続を可能にするフロントエンドシステムを設計し、迅速なシステム統合と統合を実現しました。

簡単にまとめると、リップルは金融規制に対応できていない為、多くの金融機関のシステムとして導入する事が難しく、しかしZipperはそうした要件を考慮した上でシステムを構築しているということです。

もしこれが本当だとすると、いずれはリップルに変わって金融機関でZipperが利用されるという事も考えられますね。

Zipper(ZIP)の日本進出

Zipper(ZIP)は「CSPay」という中国の仮想通貨決済プラットフォームと提携をして、日本国内においてZipper(ZIP)を決済サービス展開していくという発表を行いました。

具体的にはドン・キホーテビックカメラヤマダ電機などでの決済導入を目指しており、近々こうしたお店でZipper(ZIP)での支払いが行えるようになりそうです。

まとめ

Zipper(ZIP)が中国版リップルと呼ばれているには、それだけのスペックや将来的な可能性を秘めているという事がわかりました。
あとは、それらのプロジェクトがどれくらいの時間をかけてどこまで実現するかといったところでしょう。
もしリップルのように大手金融機関でZipper(ZIP)が利用されることになれば、Zipper(ZIP)は今よりも知名度が高まるだけではなく、その価値も上昇する可能性があります。
また、日本国内での決済手段としてどこまで広まっていくかという点も注目したいところです。

おすすめ海外取引所

Fcoinは独自トークンFTを保有していると配当が受け取れます!
取引所の利益の80%が配当として還元
・Huobiの元CTOが創設
・95%の資産はコールドウォレットにて保管(安全性が高い)

▼Fcoinはこちらから▼

※Fcoinに関する情報はこちらのページでご紹介しています。
>>FCoin(エフコイン)の特徴と登録方法や配当価格・取引所情報まとめ


おすすめ国内取引所

ビットコインの購入ならGMOグループが運営するGMOコインがおすすめです。
・手数料無料
・最大10倍のレバレッジ取引可能
・GMOグループ運営で安心

▼GMOコインはこちらから▼

※その他の仮想通貨取引所に関する情報はこちらのページでご紹介しています。
>>【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?
>>世界の海外仮想通貨取引所ランキングTOP10【2018年6月8日更新】