bitFlyerが新規顧客受け入れ停止?業務改善命令とbitFlyerの今後

bitFlyerと言えば日本国内最大級となる規模の仮想通貨取引所です。
そのbitFlyerが2018/6/22に金融庁から「業務改善命令」を受けました。

そして、これによりしばらくの間bitFlyerでは新規顧客の受け入れを停止することになったそうです。

目次

bitFlyerの対応

bitFlyerからお詫びとお知らせのメールが届いていました。
※画像はクリックで拡大できます。
メール1

メール2

また、bitFlyerの公式ツイッターでも同じ情報が共有されています。

ネット上の反応

ネット上でも今回の件について様々な意見があるようですが、とにかく大手bitFlyerがまさか、という事でかなり話題になっています。

業務改善命令に至った理由

bitFlyerがなぜ金融庁から業務改善命令を受けたかというと、マネーロンダリング対策などを含めた管理体制に問題があったとのことです。

そこで、bitFlyerでは「本人確認状況の再点検を行う」と発表しています。
ですから、もしかしたら今まで問題なくbitFlyerを利用していた方にも、再度本人確認書類の提示など連絡がくる事も考えられます。

また、今のところ新規顧客受付開始の目途は立っていないようです。

【日本経済新聞】仮想通貨、ビットフライヤーなどに改善命令へ 金融庁

bitFlyerは使えないの?

今のところ発表されているのは「新規顧客の受け入れ停止」だけなので、bitFlyerの取引所が利用できなくなっている訳ではありません。

ただ、心配な方は一旦この騒動が落ち着くまではbitFlyerから資金を引き揚げておいてもいいかもしれません。

bitFlyer以外の取引所は大丈夫?

ここ最近、金融庁の仮想通貨交換業者に対する姿勢は日に日に厳しくなってきている気がします。
こうした状況を考えるともしかしたら他の取引所も何かしらの指導を金融庁から受ける可能性は考えられます。

まあ利用する側にとっては、指導を受けたら真摯に対応して改善してきちんと運営をしてくれれば問題ないので、bitFlyerも早く状況を整えて新規顧客受付を再開してほしいですね。

暗号通貨おすすめ取引所

コインチェック

会社名 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)                           
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012年8月28日
資本金 385百万円
代表取締役 蓮尾 聡
暗号資産交換業の登録番号 関東財務局長第00014号
加入協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

一般社団法人日本ブロックチェーン協会

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会

一般社団法人Fintech協会

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会

取扱通貨 「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「FCT」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」

ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、セキュリティレベルは大幅に向上しています!

2021年にはモバイルアプリダウンロード数「410万」を突破しており、登録者数はグングン上昇しています。 他の取引所と比較しても、ここまでたくさんの通貨を取り扱っているのは、Coincheckのみ。 最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。 もともと金融業を営んでいる「マネックスグループ」がバックについているので、Coincheck(コインチェック)は他の取引所と比較した場合でも、安全性が高いと言えるでしょう!

コインチェック

コインチェックの登録はこちら!⇒コインチェック

その他の仮想通貨取引所に関する情報は関連記事「【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?」でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる