高配当率のFcoinへ投資した結果を公開

ネット取引

FTを保有していると得られる配当が高配当だという事でかなり注目を集めている海外取引所のFcoin。
そこで、少額ではありますが現在Fcoinのホールドから発生する報酬にてどれほどの収益効果がるのか、効果測定をとってみました。
進捗内容などについては本サイトより開示し皆様の投資に少しでもお役に立てればと思います。

ちなみに、Fcoinという取引所は取引所全体で創出できる収益の80%をFTを保有しているユーザーに還元するというプロモーションを実施しています。
FTを所有しているとその他にもさまざまな優遇措置がありますのでFcoinに関する詳しい情報は、下記関連記事をご参照下さい。

上記の「収益に対して80%の還元」についてはFTの保有数に応じて変動する仕組みとなっています。
なので実際にどの程度の収益効果があるのか期間ごとに下記に解説していきたいと思います。

fcoin1

目次

2018/07/13より投資をスタート

Fcoinの投資は2018/07/13よりスタートしています。
購入したのは下記の黄色い〇で囲んでいるあたりです。

5月末から6月の上旬に仕込む事が出来ていれば「0.00028922」⇒「0.00184400」ということで約6.4倍ほど価格が上昇するタイミングに乗る事が出来たので、大きなチャンスを逃してしまったかに見えますが、BTCの価格が上昇している現在だと次の買い時は今なのではないかと思います。

また今回の収益モデルはあくまで「配当によりどの程度収益がでるか」というのがメインの為、FTの価格はミニマムで現状維持のまま推移していければ全く問題ありません。

ただ、唯一投資後損をするタイミングとなるのは、FTの価格が下がり配当率より価格の低下率が上回った時です。
よって必ずFTのレートのウォッチは必要になります。
Fcoinの投資で収益を上げるには、投資を行うタイミングが非常に重要なポイントになるのです。

fcoin2

2018/07/13からの進捗データ

期間 :2018/07/13(金)~07/18(水)
投資額:0.74ETH (¥換算:¥38,581)

総利益額:¥2,317
利益率 :6.0%
期間  :6日
利益率(日):1.0%

ここまでの推移でいくと月間予測で約1.0%×30日=30%で投資額に対して月30%の収益が出ます。
よって1か月でFTが-30%まではトントン、それ以下になるとマイナス予測になります。

2018/07/19からの進捗データ

期間 :2018/07/19(金)~07/22(水)
追加額:04.07ETH (¥換算:¥210,721)
投資額:04.81ETH (¥換算:¥249,302)

総利益額:¥6,472
利益率 :2.6%
期間  :4日
利益率(日):0.6%

下記の通り全体収益が低下したことで配当額が減少しています。
「収益の低下=取引量の低下」となりますが、主だった要因もない為引き続き効果測定を続けていきたいと思います。
※平均配当額が「1256BTC」⇒「750BTC」に低下(全体の配当額です)。

fcoind1

2018/07/13~07/22までの累計結果

期間 :2018/07/13(金)~07/22(水)
投資額:04.81ETH (¥換算:¥249,302)

総利益額:¥8,789
利益率 :8.6%
期間  :10日
利益率(日):0.9%

上記が累計結果です。
最後の2018/07/22の配当分(グラフ上では07/21)には回復の傾向もみられていますので、引き続きどのように推移するのかウォッチしていきます。

⇒Fcoinの登録はこちら

 

暗号通貨おすすめ取引所

コインチェック

会社名 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)                           
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012年8月28日
資本金 385百万円
代表取締役 蓮尾 聡
暗号資産交換業の登録番号 関東財務局長第00014号
加入協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

一般社団法人日本ブロックチェーン協会

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会

一般社団法人Fintech協会

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会

取扱通貨 「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「FCT」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」

ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、セキュリティレベルは大幅に向上しています!

2021年にはモバイルアプリダウンロード数「410万」を突破しており、登録者数はグングン上昇しています。 他の取引所と比較しても、ここまでたくさんの通貨を取り扱っているのは、Coincheckのみ。 最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。 もともと金融業を営んでいる「マネックスグループ」がバックについているので、Coincheck(コインチェック)は他の取引所と比較した場合でも、安全性が高いと言えるでしょう!

コインチェック

コインチェックの登録はこちら!⇒コインチェック

その他の仮想通貨取引所に関する情報は関連記事「【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?」でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

ネット取引

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる