Nagricoin(ナグリコイン)のICO情報

ICO情報

Nagricoin(ナグリコイン)のICOは、農業に関するプロジェクトの資金調達が目的という、仮想通貨ICOの中ではやや珍しい案件となります。
現在、Nagricoin(ナグリコイン)に関する情報は非常に少ないですが、ホワイトペーパー等からわかるNagricoin(ナグリコイン)の詳細、そしてICOについての情報をご紹介していきたいと思います。

Nagricoin(ナグリコイン)とは

Nagricoin(ナグリコイン)の公式サイトやホワイトペーパーでは以下のような記載があります。

NGRトークンの基本資産はNagri-HLです。これは7年以上前から開発されており、現在は世界中でリリースされています。Nagri-HLは、植物成長を刺激するマイクロエレメントと抗酸化物質の最新の有機生成物です。農業と植物の栽培、収量の増加、および実質的にあらゆる作物の品質向上に幅広く応用されています。

ちょっとわかりにくいんですが、要するにNagricoin(ナグリコイン)のプロジェクトでは「Nagri-HL」というものを作っており、Nagri-HLは植物の成長を流すことができるから結果的に農作物の栽培が簡単になったり収穫量が増えるといったもののようです。

基本情報

 

プラットフォーム Ethereum
参加可能通貨 ETH
プレセール 2018/4/2~2018/5/24
調達予定額 22,000,000 USD
発行上限 9,666,667
ホームページ https://nagricoin.io/
ホワイトペーパー https://nagricoin.io/storage/files/01_nagricoin_wp_eng.pdf

※スマホは横にスクロールできます。
 

ロードマップ

Nagricoinロードマップ

上記はNagricoin(ナグリコイン)のロードマップを日本語化したものです。
Nagri-HLの開発は2010年からはじまっており、その後2016年には政府機関からの証明書や許可もとっています。
2018年現在は試験運用段階ですが、2019年に商用リリースの予定となっていますのでここからが本番といったところですね。

Nagricoin(ナグリコイン)のICO

Nagricoin(ナグリコイン)のICOプレセールスケジュールは、2018/4/2~2018/5/24です。
期間内の購入は50%OFFでの購入が可能となっています。

Nagricoin(ナグリコイン)の上場は?

Nagricoin(ナグリコイン)がICO終了後、どこかの仮想通貨取引所へ上場できるのかについても現在のところ情報が少なく、判断が難しいところです。
Nagricoin(ナグリコイン)の関係者やチームメンバーの中に他のICO案件を上場させた実績のある方でもいればいいのですが、いまのところそういった情報もありませんでした。

まとめ

Nagricoin(ナグリコイン)は農業プロジェクトという、仮想通貨ICOとしては珍しい案件となります。
よってある意味注目されていますが、まだまだ分からないことが多いので今後どのように成長していくのかは不明です。
とりあえずはICOセールの終了と上場に関する情報を待ちたいところですね。

おすすめ海外取引所

Fcoinは独自トークンFTを保有していると配当が受け取れます!
取引所の利益の80%が配当として還元
・Huobiの元CTOが創設
・95%の資産はコールドウォレットにて保管(安全性が高い)

▼Fcoinはこちらから▼

※Fcoinに関する情報はこちらのページでご紹介しています。
>>FCoin(エフコイン)の特徴と登録方法や配当価格・取引所情報まとめ

 

おすすめ国内取引所

ビットコインの購入ならGMOグループが運営するGMOコインがおすすめです。
・手数料無料
・最大10倍のレバレッジ取引可能
・GMOグループ運営で安心

▼GMOコインはこちらから▼

※その他の仮想通貨取引所に関する情報はこちらのページでご紹介しています。
>>【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?
>>世界の海外仮想通貨取引所ランキングTOP10【2018年6月8日更新】