チェヅビョン ピブルCTO “ブロックチェーンサービス核心は、「ユーザー」

Kim Bumjun

ピブルは創作活動に正当な代価をあげよう意味で出発したソーシャルメディアのプラットフォームである。
既存のサービスとは異なり、写真や動画などのメディアコンテンツを上げ、これをお勧めしたり、共有したら、最初にコンテンツを提供した創作者はもちろん、共有したすべての人にピブルとピブルブラシという暗号通貨で補償する。

ここまで見てみると、最近無数に登場するブロックチェーンベースのサービスが提唱している説明と異なることがない。
ブロックチェーンの技術を利用して、暗号通貨で補償し、その暗号通貨で生態系を作るという戦略は、最近ありふれている。

「ピブルは、既存の保有技術やコンテンツをブロックチェーンと結合してどのようなメリットを享受できるかどうかを心配して、始めました。」

チェヅビョンピブルCTO説明によると、ピブルは、過去15年間の画像コンテンツ産業のノウハウがある。
独自の特許技術である著作権の追跡とイメージマッピング技術である「コンテンツプロ」も開発した。武器もなく、手ぶらで雲をつかむ夢を見るブロックチェーンサービス企業ではないという話だ。
むしろ、コンテンツという武器をブロックチェーンで強化方法を悩んでいる方に、より近かった。

「どのようなサービスでもユーザーが存在しない場合は滅びます。サービスを確保するには、サービスが魅力的でなければならないです。
価格も、他の場所で見つけられない新鮮さでも。
問題は、ソーシャルメディアのプラットフォームはすでに多いでしょう。
ユーザーを引き入れるには既に市場で位置を占めたサービスもあります。
これらと競合して生き残る為にはどうしましょうか。私達はここから悩みを開始しました。」

イメージや動画などのコンテンツ共有サービスは、すでに溢れ返っている。
インスタグラムやシャッターストックなど、ユーザーの認知度が高いサービスも存在する。
何の準備もせずに後発走者が意欲だけを持って飛び込むには厳しい。
ソーシャルメディアプラットフォームでの競争力を備えるためには、ユーザー誘引が必須だ。
チェヅビョンCTOはブロックチェーンと暗号貨幣が解決策になれるだと見通した。

「既存のサービスと同じ効果を享受することができながら、そのサービスを利用する条件として、何か報酬を与えるとすれば、これ以上の良い誘引効果があるでしょうか。
ブロックチェーンサービスを準備している企業が参加者に報酬を与えるのは、多分このような理由です。
既に存在している競争の激しい市場でのサービスを盛り上げるために、ユーザ数が多くってサービスを維持するためには、ユーザーがサービスをよく使わなければならいです。」

ゲッティイメージズやシャッターストックなどの所では画像を買う時に費用を出す。
ピブルはこの過程での機会を見た。
コマース用コンテンツを投稿して販売するP2Pコマース手段を提供する。
ピブルコーインやピブルブラシを使用して、プラットフォーム内で直接支払いがなされて、これはすべての過程は、安心決済サービスで進行する。

ピブルコンテンツ取引に使用されるトークン情報は、ブロックに入れて管理し、決済は、内部システムで処理する。
イメージ保存は、Amazon Webサービス(AWS)を利用した。
最初からサービスのすべてのプロセスをブロックに入れて取引速度で不快感を与えるよりは、ブロックチェーンの技術で、コンテンツ、ソーシャルメディアプラットフォームを改善する方法を先に悩んだ結果だ。
コンテンツの著作権と収益分配の問題をブロックチェーンで解決し、補償政策を介してユーザーを誘引する。

“同じサービス、同じ条件であれば、あえて使わない理由を無くしました。
他のコンテンツのライセンス業者と提携を結んでピブルに交換することができる生態系を拡張する予定です。」

ピブルは現在アルファテストを使用して、ソーシャルメディアの基本的な機能であるポスティング機能と報酬システムとウォレットサービスの点検を進めている。
今回新たに登場した慈善機能以外にも簡単に商品を購入できるコマース機能など、段階的に機能を拡張し、テストを進行中で、来年初め、ベータサービスを介して一般に公開する予定である。

※上記は記事を翻訳した内容となります。
>>元の記事はこちら

 

目次

暗号通貨おすすめ取引所

コインチェック

会社名 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)                           
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012年8月28日
資本金 385百万円
代表取締役 蓮尾 聡
暗号資産交換業の登録番号 関東財務局長第00014号
加入協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

一般社団法人日本ブロックチェーン協会

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会

一般社団法人Fintech協会

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会

取扱通貨 「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「FCT」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」

ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、セキュリティレベルは大幅に向上しています!

2021年にはモバイルアプリダウンロード数「410万」を突破しており、登録者数はグングン上昇しています。 他の取引所と比較しても、ここまでたくさんの通貨を取り扱っているのは、Coincheckのみ。 最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。 もともと金融業を営んでいる「マネックスグループ」がバックについているので、Coincheck(コインチェック)は他の取引所と比較した場合でも、安全性が高いと言えるでしょう!

コインチェック

コインチェックの登録はこちら!⇒コインチェック

その他の仮想通貨取引所に関する情報は関連記事「【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?」でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

Kim Bumjun

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる