ピブル(PIBBLE)がガードポロウィンザーカップに寄付

Iニュース24

[Iニュース24キムダウン記者]ブロックチェーンソーシャルメディアサービスであるピブル(PIBBLE)が英国のロンドンで開催された、ザーグローバルギフトガラショーで「ガードポロウィンザーカップ(Guard Polo Windsor Cup)」競技にエリザベス女王と同席して参観することができる「ロイヤルボックス」を寄付したと12日、発表した。

ザーグローバルギフトガラは、グローバルギフト財団で進行するガラショーで、イギリスのロンドン、フランスのパリ、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイなどでVIPと最高の有名スターたちが一緒にして疎外されている階層を支援する慈善行事である。

ピブルは今回のイベントでソーシャルネットワークサービス(SNS)の活動で生じた収益を簡単で負担なく寄付することで、生活の中で慈善活動に参加することができるピブルの慈善(Charity)機能を紹介した。

また、ライブオークションにピブルが寄付したガードポロウィンザーカップゲームのロイヤルボックスは、オークション開始後数分で落札された。ロイヤルボックスは、世界で最も権威のあるポロクラブのガードポロクラブで2019年6月に行われるロイヤルウィンザーカップのファイナルメインイベントにエリザベス女王と同席して試合を観戦してイベントに参加することができる権限である。

イ・ボラムピブル代表は「否定的な見方が多かったブロックチェーン技術の正しい機能を認められて、ピブルの慈善機能が高く評価されてうれしい」と「ピブルは2019年6月行われるロイヤルウィンザーカップイベントの写真やコンテンツをピブルプラットフォームにアップロードしてそれによって発生する収益をピブルの慈善機能をを通じて社会に還元する」と伝えた。

一方ピブルは現在アルファテストを通じてSNSの基本機能であるポスティング機能と報酬システムとウォレットサービスの点検を進めている。今回新たに登場した慈善機能に加えて簡単に商品を購入することができるコマース(Commerce)機能など、段階的に機能を拡張し、テストを進行中で、来年初めベータサービスを通じて一般に公開される予定である。

※上記は記事を翻訳した内容となります。
>>元の記事はこちら

 

目次

暗号通貨おすすめ取引所

コインチェック

会社名 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)                           
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012年8月28日
資本金 385百万円
代表取締役 蓮尾 聡
暗号資産交換業の登録番号 関東財務局長第00014号
加入協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

一般社団法人日本ブロックチェーン協会

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会

一般社団法人Fintech協会

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会

取扱通貨 「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「FCT」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」

ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、セキュリティレベルは大幅に向上しています!

2021年にはモバイルアプリダウンロード数「410万」を突破しており、登録者数はグングン上昇しています。 他の取引所と比較しても、ここまでたくさんの通貨を取り扱っているのは、Coincheckのみ。 最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。 もともと金融業を営んでいる「マネックスグループ」がバックについているので、Coincheck(コインチェック)は他の取引所と比較した場合でも、安全性が高いと言えるでしょう!

コインチェック

コインチェックの登録はこちら!⇒コインチェック

その他の仮想通貨取引所に関する情報は関連記事「【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?」でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

Iニュース24

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる