PIBBLE(ピブル)最新情報【2018/7/25】

ネットワーク 仮想通貨

こちらでは、2018/7/25に韓国ネイバーで報じられたPIBBLE(ピブル)に関する情報をご紹介しています。
記事内容は韓国ネイバーにて公開されていた内容を簡易的に翻訳したものを掲載しております。

注目!ブロックチェーンソーシャルメディア「ピブル」差別化ポイント5

naver1

ソーシャルメディアのプラットフォームでICOを成功的に終えたピブルが差別化されたサービスに注目を集めている。

一般人と専門家などクリエイター達の写真、映像コンテンツを共有するソーシャルメディアプラットフォームピブルは、ユーザーが参加すればするほどピブルコーインで補償が行われる。これにより、著作権を保護し、共有経済を実現し、創作のための補償を提供する「1石3鳥「ソーシャルメディアプラットフォームで注目を集めている。

ピブルは約5つの部分で、既存のソーシャルメディアプラットフォームと差別される。
第一、メディアコンテンツをアップロードして共有するためのプラットフォームの参加者達はピブルコーインとピブルブラシと呼ばれる補償を受ける。私を表現するために、あるいは誰かに関心を表現するためにする行動が、私や誰かに暗号通貨で補償されるものである。

第二、ピブルはコマースのコンテンツを掲示して販売するにもっと進歩されたP2Pコーマス手段を提供する。ピブルコインやピブルブラシを使用して、プラットフォーム内で直接支払いがなされて、このすべての過程は安心決済サービスで行われる。

第三、ピブルは自分のコンテンツを知らせたい参加者(広告プロバイダー)が補償システムを使って、自分をフォローしたユーザーに対価を支払うことにより、自発的な広告の受信が可能となり、快適な環境を提供する。

第四、ユーザー間の直接クラウドファンディング募集を行うことができ、自分のピブルコインやピブルブラシで資金調達を支援することができる。

第五、特定のテーマに基づいて、他の参加者のコンテンツを集めることができ、このキュレーションが消費されることによって補償を受けることができる。このような場合、キュレーターだけでなく、原作出版社にもその補償が分配されることによって補償生態系を拡張するのに一助することができる。

一方ピブルは来る28日アジア経済TVの「コインインタビュー」プログラムを通じてサービスの方向と今後の上場スケジュール、今後のマーケティングプランなど、その抱負を明らかにする予定だ。

暗号貨幣の取引所(クリプトエクスチェンジ)、27日ピブル上場で韓国攻略

naver2

シンガポールに本社が有るグローバル暗号通貨取引所クリプトエクスチェンジで27日ピブル(PIBBLE)上場を通じ、韓国市場を本格的に攻略する。

クリプトエクスチェンジはアルファ版が発表された6月1日以降の2ヶ月足らずにならない登録メンバー加入者が8万5千人を超えたと発表した。

新規加入者の中で、インドネシア、ベトナムなど東南アジア諸国のメンバーが全体の半分以上を占めており、現在、韓国系、中国系取引所中心のマーケットで差別化された活路を開拓しているという説明だ。

ギフトプロジェクトのブロックチェーン技術を総括していたチームが作った取引所で十数年以上、米国政府のセキュリティソリューション、ソフトウェアを販売してきたIT企業によって設立された。米国シリコンバレーとベトナムに技術者だけでも70人以上保有しているチームで、現在取引所マーケティング、運営人力まで全150人の従業員を保有している。

取引マッチングエンジンからすべてのオペレーティング・システムを内部開発し、市場と技術に先立って柔軟に代替する事ができる技術的の柔軟性が特徴である。

中央化取引所の最初で金資産を基礎としたステーブルコインDGXを上場した。このコインの場合、実際の金の保管費用が出金取引ごとに発生して、既存のシステムに別のバックエンドの調整が必要だが、そのための技術的な柔軟性を見せた。

クリプトエクスチェンジは今後のメインネットのランチングから財布、決済ソリューションまでプロジェクトと投資者の効用を中心にする技術的の優位を見せる事に集中する予定だ。

戦略的にはブロックチェーンの実際のケースを示すプロジェクトを積極的に後援し、産業の発展とクリプト金融の成長に寄与するという抱負だ。

暗号貨幣の実際の使用をリードしている良いプロジェクトとの戦略的提携を結んでおり、これを後援するさまざまなイベントを企画しており、すぐにリリースする予定である。

XPadというInitial Exchange Offering(IEO)サービスを提供し、プロジェクトの市場公開を容易にするし、投資者が安全で簡単に投資に参加できるようにしてブロックチェーン産業の活性化のためにアクセラレーティングを助けるプラットフォームとして位置づけられる予定である。

有名企業のグローバルブロックチェーンヘッドを務めた方が主導するプロジェクトから国内有数の企業のリバースICOプロジェクトなどのIEOをすることに予定されている。

クリプトエクスチェンジは「潜在能力が高い新規コイン達をを上場してプロジェクトの成長に寄与するグローバル取引所に位置づけられるだろう」と伝えた。

取引所で独自発行したKNOWトークンを購入して手数料の支払いの際、標準手数料(0.1%)で、50%が割引され0.05%に取引が可能であり、今後の取引所で開発している決済ブロックチェーンでトークンスワップが行われる予定である。

※原文:https://www.naver.com/

その他のPIBBLE(ピブル)に関する情報は以下のページでご紹介しております。

※追加情報あり!著作権データ管理ができるPIBBLE(ピブル)の概要と仮想通貨情報

2018.04.25

ShutterstockとPIBBLEが提携!写真素材が仮想通貨で購入可能に!

2018.04.11
おすすめ海外取引所

Fcoinは独自トークンFTを保有していると配当が受け取れます!
取引所の利益の80%が配当として還元
・Huobiの元CTOが創設
・95%の資産はコールドウォレットにて保管(安全性が高い)

▼Fcoinはこちらから▼

※Fcoinに関する情報はこちらのページでご紹介しています。
>>FCoin(エフコイン)の特徴と登録方法や配当価格・取引所情報まとめ

 

おすすめ国内取引所

ビットコインの購入ならGMOグループが運営するGMOコインがおすすめです。
・手数料無料
・最大10倍のレバレッジ取引可能
・GMOグループ運営で安心

▼GMOコインはこちらから▼

※その他の仮想通貨取引所に関する情報はこちらのページでご紹介しています。
>>【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?
>>世界の海外仮想通貨取引所ランキングTOP10【2018年6月8日更新】