PLAYCOIN(プレイコイン)の価格が急騰

急騰 仮想通貨ニュース

最近、Bithumb(ビッサム)がBKグローバルコンソーシアムから約4000億ウォン(約3500億ドル)の投資を受けることが確定した。

それを皮切りに取引所の市場で数週間にわたり取引量ランキング1位を独占しています。
最近のトレンドとしてはユーザーへの還元率が高い取引所が短期的に1位を独占していましたが、それも取引所の独自Tokenの取引量が減ることでランキングが下降していきました。

>>24時間の出来高ランキング[CoinMarketCap]

そして今のBithumb(ビッサム)の取引量はKRW(ウォン)ベースの取引量がBithumb(ビッサム)の取引量の上位を独占しています。

その中でも今PLAYCOIN(プレイコイン)の価格が急騰しているという事で話題になっています。
これは韓国のメディアが掲載していた記事になりますが内容は下記に翻訳しておりますのご覧ください。

[仮想通貨相場】PLAYCOIN(プレイコイン)13%台急騰…ビットコイン710万リップル500ウォン台

[エコノニュース=チェ・アラム記者] 仮想通貨の悲喜が交錯している。
31日ビトソム取引所によると、上昇が最大の仮想通貨はPLAYCOIN(プレイコイン)である。
PLAYCOIN(プレイコイン)は午後4時58分現在、13.27%(15ウォン)上昇した128ウォンで取引されている。
加えてビチェーン、ストラティス、オミセゴ、チェーンのリンク、ピベックス、ワックス、シータトークン、レイドゥンネットワークトークン、ワンルートネットワークなどの仮想通貨が10%台の上昇幅を見せている。
ストラティスは1.64%(45ウォン)上昇した2784ウォンで取引されている。ストラティスは30日、2700ウォン台離れた後、その価格帯で取引されている。

これに対し、ビットコイン、リップル、エイダ、トロン、ジェットキャッシュ、エトニティ、ポピュラース、エッチシェアなどの仮想通貨が6%未満の下げ幅を見せている。
ビットコインは0.5%(3万6000ウォン)押された712万3000ウォンで取引されている。ビットコインは30日午前から710万ウォン当で取引されている。
コインマスターによると、海外からのビットコインの価格は0.03%高い6332ドルで取引されたている。

リップルは0.98%(5ウォン)下落した501ウォンで取引している。リップルは30日午前から500ウォンで取引されている。
ループリングは1.16%(8ウォン)低い678ウォンで取引されている。ループリングは30日、680ウォン当で取引されていたが今は670ウォン代だ。

>>元の記事

おすすめ海外取引所

Fcoinは独自トークンFTを保有していると配当が受け取れます!
取引所の利益の80%が配当として還元
・Huobiの元CTOが創設
・95%の資産はコールドウォレットにて保管(安全性が高い)

▼Fcoinはこちらから▼

※Fcoinに関する情報はこちらのページでご紹介しています。
>>FCoin(エフコイン)の特徴と登録方法や配当価格・取引所情報まとめ

 

おすすめ国内取引所

ビットコインの購入ならGMOグループが運営するGMOコインがおすすめです。
・手数料無料
・最大10倍のレバレッジ取引可能
・GMOグループ運営で安心

▼GMOコインはこちらから▼

※その他の仮想通貨取引所に関する情報はこちらのページでご紹介しています。
>>【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?
>>世界の海外仮想通貨取引所ランキングTOP10【2018年6月8日更新】