PLAYCOIN(プレイコイン)がLBANKへ上場!!※5月11日17時に確定

ロゴ
PLAYCOIN(プレイコイン)のLBANK上場が決まりました。
PLAYCOIN(プレイコイン)といえばICO案件としても人気があり、すでに台湾の仮想通貨取引所CobinHoodへ上場しています。
そして今回、2018年5月11日の17:00にLBANKへの上場も決まりました。

PLAYCOIN(プレイコイン)の開発元である韓国のゲーム会社「GameHub」は、5月3日にPLAYCOIN(プレイコイン)とLBANKの契約締結及び上場を発表していますので、上場することは間違いないでしょう。
また、今回の上場に伴いPLAYCOIN(プレイコイン)とLBANKではトレーディングコンテスト等のイベントを構成するとも発表しています。

目次

PLAYCOIN(プレイコイン)とは?


PLAYCOIN(プレイコイン)は、ゲームの決済やソーシャルアプリ「KakaoPath」の決済で利用できる予定の仮想通貨です。
開発元が韓国で有名なゲーム会社GameHubであることや、韓国で人気のゲーム「Special Force」シリーズを開発しているLamatc Taiwanとも提携済であることから、今後ゲーム業界に大きな影響を与えるのではと言われています。
また、ICOプレセールも無事に終了し、4月27日に台湾の仮想通貨取引所であるCobinHoodへの上場も成功させています。
今後BitmexやCOINXなど数々の仮想通貨取引所への上場も噂されており、まだまだ目が離せない仮想通貨となっています。

LBANKとは?

lbankアプリ
LBANKは2016年に設立され、世界でトップ10、アジアではトップ3となる仮想通貨取引所です。
手数料が0.10%であることや、取り扱い通貨が多いことから人気があり、日々平均で3億ドルほどの取引額を誇っています。

LBank公式サイト

PLAYCOIN(プレイコイン)の今後

CobinHood、そして今回LBANKへも上場となるPLAYCOIN(プレイコイン)ですが、今後さらに複数の仮想通貨取引所へ上場する計画がありますので、ますます人気が高まる可能性が考えられます。
ICOが終了して上場した仮想通貨はすぐに手放す方も少なくありませんが、PLAYCOIN(プレイコイン)はもう少し様子を見てからでもよいかもしれません。
今後の動向に期待です。

ニュース記事:xportsnews.com

>>PLAYCOIN(プレイコイン)の管理ができるウォレットQbaoNetwork(キューバオネットワーク)

暗号通貨おすすめ取引所

コインチェック

会社名 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)                           
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012年8月28日
資本金 385百万円
代表取締役 蓮尾 聡
暗号資産交換業の登録番号 関東財務局長第00014号
加入協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

一般社団法人日本ブロックチェーン協会

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会

一般社団法人Fintech協会

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会

取扱通貨 「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「FCT」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」

ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、セキュリティレベルは大幅に向上しています!

2021年にはモバイルアプリダウンロード数「410万」を突破しており、登録者数はグングン上昇しています。 他の取引所と比較しても、ここまでたくさんの通貨を取り扱っているのは、Coincheckのみ。 最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。 もともと金融業を営んでいる「マネックスグループ」がバックについているので、Coincheck(コインチェック)は他の取引所と比較した場合でも、安全性が高いと言えるでしょう!

コインチェック

コインチェックの登録はこちら!⇒コインチェック

その他の仮想通貨取引所に関する情報は関連記事「【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?」でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる