ThinkCoin(シンクコイン)のICO・仮想通貨まとめ

thinkcoin ICO情報

ThinkCoin(シンクコイン)とは

ThinkCoin(シンクコイン)はP2P方式のブロックチェーンを用いたデジタルトークンです。
開発したのはオーストラリアのFXブローカー「ThinkMarkets」です。
ThinkCoin(シンクコイン)の主な利用目的は金融商品の取引などとなっています。
これまで金融商品の取引は、取引所などを介して行っていた為、利用者は多くの手数料を支払いながら利用していました。
しかし、ThinkCoin(シンクコイン)はP2P方式のブロックチェーンを用いた「TradeConnect」というネットワークを利用します。
TradeConnectを利用すれば今までのように中間マージンを搾取されることなく、個人と個人はもちろんの事、個人と企業などが直接取引を行うことができるようになるため、コストダウンを実現できます。
また、TradeConnectはブロックチェーン技術を用いている為、従来のように決済に時間はかからず、わずか数秒程度で決済を完了することが可能となります。

基本情報

 

プラットフォーム エテリアム
参加可能通貨 その他/ BTC / ETH / USD / EUR
プレセール 2018/3/26~2018/4/9
発行上限 500,000,000
ホームページ https://www.thinkcoin.io/
ホワイトペーパー https://www.thinkcoin.io/assets/pdf/ThinkCoin_Overview.pdf

※スマホは横にスクロールできます。

ThinkMarkets社とは

ThinkMarkets社は2009年に設立されたオーストラリアのFXブローカーです。
ThinkMarkets社が提供するThinkForexのサービスを日本でご利用されていた方もいるかもしれませんが、現在は日本から撤退しています。
ThinkMarkets社が所有しているライセンスは世界でもっとも難易度が高いと言われている英国金融行動監視機構発行のFCAを取得しており、FXブローカーとしては非常に信頼性が高いものとなっています。
また、ThinkMarkets社は信託口座を2つもっており、その銀行がNAB銀行とコモンウェルス銀行という世界銀行機関格付けAAランクの銀行なので、こうした点も金融サービスを提供している企業としては安心感があります。

ThinkCoin(シンクコイン)のICO

ThinkCoin(シンクコイン)のICOプレセールは2018/3/26~2018/4/9となっています。
また、クラウドセールが2018/4/9~2018/4/27で行われていました。

※2018/5/28現在、プレセールのフェーズ2が行われていました。

ThinkCoin(シンクコイン)の上場予定

ThinkCoin(シンクコイン)の上場予定は、いまのところアナウンスされていません。

ロードマップ

ロードマップ2 ロードマップ2

ThinkCoin(シンクコイン)の将来性

現在の金融市場はとても古いやり方をいまだに引きずっています。
ブロックチェーンという新しく素晴らしい技術が開発された今、もしかしたら金融事情は大きな転機を迎えるかもしれません。
その時にThinkCoin(シンクコイン)の技術が採用されれば、ThinkCoin(シンクコイン)が金融市場に改革を起こすことになります。
もちろんそうなればThinkCoin(シンクコイン)の価値も大きく跳ね上がる可能性があると言えるでしょう。

おすすめ海外取引所

Fcoinは独自トークンFTを保有していると配当が受け取れます!
取引所の利益の80%が配当として還元
・Huobiの元CTOが創設
・95%の資産はコールドウォレットにて保管(安全性が高い)

▼Fcoinはこちらから▼

※Fcoinに関する情報はこちらのページでご紹介しています。
>>FCoin(エフコイン)の特徴と登録方法や配当価格・取引所情報まとめ

 

おすすめ国内取引所

ビットコインの購入ならGMOグループが運営するGMOコインがおすすめです。
・手数料無料
・最大10倍のレバレッジ取引可能
・GMOグループ運営で安心

▼GMOコインはこちらから▼

※その他の仮想通貨取引所に関する情報はこちらのページでご紹介しています。
>>【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?
>>世界の海外仮想通貨取引所ランキングTOP10【2018年6月8日更新】