PLAYCOIN(プレイコイン)が新サービスCoin Wheather(コインウェザー)ios版をリリース!!

coinweather

PLAYCOINが本日Apple版のコインウェザーをローンチしました。
それにあたりこのCoin Wheather(コインウェザー)のサービスについてKIM氏のコメント動画が
YouTubeに上がっていたので翻訳し纏めております。

  • 動画の翻訳

[voice icon=”https://cryptocurrency-jpn.com/wp-content/uploads/2018/10/379653.png” name=”キャスター” type=”l”]Coin Wheather(コインウェザー)のアシュリーチャンです。
今回新たにご紹介するサービスは、まさに「Coin Wheather(コインウェザー)」です。
一週間にあったブロックチェーンのニュースとニュースを伝える役割です。
来週から、投資の関連したニュースやブロックチェーンの技術ニュースについて伝えていただきます。
先に紹介したように、Coin Wheather(コインウェザー)はプレイコインが制作したアプリケーションとして、より良い投資環境のためにニュースを分析し、調査する目的で
作られました。
プレイコインはAI技術を接合して、暗号通貨市場で出てくるニュースをすべて総合して分析します。
また、Coin Wheather(コインウェザー)は一週間の反響を起こしたニュースやリアルタイムキーワード機能を含む転送します。
Coin Wheather(コインウェザー)はマーケット情報や取引所の価格を総合してトラッキングする機能も持っています。
このアプリを通じて皆様の投資でより多くのチャンスを作り出します。
プレイコインCEOデニス・キムのインタビューを聞いてみましょう。[/voice]

[voice icon=”https://cryptocurrency-jpn.com/wp-content/uploads/2018/10/team4.png” name=”デニス・キム” type=”r”]Coin Wheather(コインウェザー)は一言で定義すると、コインのニュースをAIが分析するサービスです。
私たちは、多くのニュースや誤報、Twitter、SNSの中に住んでいます。
だからCoin Wheather(コインウェザー)はSNSのニュースと各種データを集めてコインが好材か悪いニュースなのか、このようなことを知ることができるように定量的に評価します。
このプロセスは、AIを通って検証されます。
このようなことがコインに人工知能を適用した結果です。
さらに重要なことは、コインの売買タイミングをつかむということです。
買収、売却のタイミングを教えて投資家が安心して投資することができ、SNSやニュースを通じて定量的な投資が可能になります。
Coin Wheather(コインウェザー)の未来は明るいです。皆さんの応援と支持を通ってより多くの努力と発展を遂げます。
そしてCoin Wheather(コインウェザー)を信じて支持してください。ありがとうございます。[/voice]

[voice icon=”https://cryptocurrency-jpn.com/wp-content/uploads/2018/10/379653.png” name=”キャスター” type=”l”]今までCoin Wheather(コインウェザー)の姿を調べました。
一週間のニュースをまとめて皆さんに伝えています。
毎週金曜日、ソウル時間午後6時、香港時間午後5時に皆さんを訪ねました。
今までCoin Wheather(コインウェザー)プラスでした。
お待たせしまいました。[/voice]

目次

AIで評価するメリット

このアプリの様にCoinを評価していたりするサイトやアプリは数多くありますが、その評価基準をAIで行うのは非常にいい試みだと思います。
AIでのメリットとしてよくあげられるのは作業の自動処理等ですが、今回のサービスのポイントとしては中立的で公平な評価に繋がるところです。
人間が評価をした場合にはどうしても主義主張や自信の意見が混在してしまいますが、AIにて評価を機械的にすることでより中立的で公平な評価が期待できます。

利便性

日本語対応がされていないので、現時点では日本の方からすると少し利用しにくい点があります。
なので本格的な利用をするタイミングとしては、日本語対応された後になるのではないでしょうか。
ただ仮想通貨のそれぞれの相場がわかったり、現在日本のメディア以外ではどのようなところに注目が集まっているかなどを見るには便利なツールになるかと思います。

勿論メディアの内容を理解するためにGoogle翻訳はマストで必要になりますが、本格的に仮想通貨に投資している人からすると常日頃海外の取引所やホワイトペーパー閲覧などで
利用している方も多いはずなので、それほど弊害はないようにも思えますね。

暗号通貨おすすめ取引所

コインチェック

会社名 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)                           
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012年8月28日
資本金 385百万円
代表取締役 蓮尾 聡
暗号資産交換業の登録番号 関東財務局長第00014号
加入協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

一般社団法人日本ブロックチェーン協会

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会

一般社団法人Fintech協会

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会

取扱通貨 「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「FCT」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」

ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、セキュリティレベルは大幅に向上しています!

2021年にはモバイルアプリダウンロード数「410万」を突破しており、登録者数はグングン上昇しています。 他の取引所と比較しても、ここまでたくさんの通貨を取り扱っているのは、Coincheckのみ。 最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。 もともと金融業を営んでいる「マネックスグループ」がバックについているので、Coincheck(コインチェック)は他の取引所と比較した場合でも、安全性が高いと言えるでしょう!

コインチェック

コインチェックの登録はこちら!⇒コインチェック

その他の仮想通貨取引所に関する情報は関連記事「【徹底解説】仮想通貨取引所のおすすめや手数料の違いは?」でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

coinweather

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる